読書 おすすめの本

2018-01-14

第1位 『読書する人だけがたどり着ける場所』

読書する人だけがたどり着ける場所

著者 齋藤 孝
出版社 SBクリエイティブ
出版日 2019年01月09日

《商品紹介》「本」を読むからこそ、思考も人間力も深まるー「ネットで情報をとるから本はいらない」という風潮が広がっていますが、それは本当でしょうか?私たちは日々ネットの情報に触れますが、キーワードだけを拾い、まったく深くなっていない、ということも多いのではないでしょうか?読書だからこそ、「著者の思考力」「幅広い知識」「人生の機微を感じとる力」が身につきます。ネットの時代にあらためて問いたい「読書の効能」と「本の読み方」を紹介します。

第2位 『神・読書術』

神・読書術

著者 坂本海
出版社 ぱる出版
出版日 2019年05月23日

第3位 『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

著者 西岡 壱誠
出版社 東洋経済新報社
出版日 2018年06月01日

第4位 『「読まなくてもいい本」の読書案内』

「読まなくてもいい本」の読書案内

著者 橘 玲
出版社 筑摩書房
出版日 2019年05月09日

《商品紹介》「何を読めばいいんですか?」と聞かれるたびに困った。「読むべき本」が多すぎる!だから「実は読まなくてもいい本」を決めればいいのでは、と考えた。「知のパラダイム変換」が起きた今、複雑系、進化論、ゲーム理論、脳科学、ICT(情報通信技術)の分野で「読むべき本」が浮かび上がる驚きの読書術。文庫版書下し「リベラル化する世界の分断」を加えパワーアップして再登場!

第5位 『初めての読書指導 アイディア25+5〈小学校編〉』

初めての読書指導 アイディア25+5〈小学校編〉

著者 福田 孝子
出版社 全国学校図書館協議会
出版日 2019年04月01日

第6位 『子どもと読書(No.435(2019年5・6)』

子どもと読書(No.435(2019年5・6)

著者 親子読書地域文庫全国連絡会
出版社 親子読書地域文庫全国連絡会
出版日 2019年04月

第7位 『高校生・大学生のための読書の教科書』

高校生・大学生のための読書の教科書

著者 稲井達也/影山陽子
出版社 学事出版
出版日 2019年04月

《商品紹介》書評集を読み物として、書評を書くサンプルとして使う。本書では、学習を支える教材として、『10代のうちに本当に読んでほしい「この一冊」』という書評集を用います。これは今までになかった新しい方法です。「メタ認知」の力があると、自分自身のことを客観的にみられるようになります。イメージとしては、自分自身をもう一人の自分が空の上からみているような感覚でしょうか。そういった「メタ認知」の力が身につくと、自分で自分自身のことをうまくコントロールできるようになります。

第8位 『考える読書』

考える読書

著者 全国学校図書館協議会
出版社 毎日新聞出版
出版日 2019年04月27日

第9位 『人間力を高める読書法』

人間力を高める読書法

著者 武田 鉄矢
出版社 小学館
出版日 2019年04月05日

《商品紹介》1994年にスタートした文化放送のラジオ番組「武田鉄矢の今朝の三枚おろし」。毎週月曜から金曜の朝、著者が気になっている一冊をピックアップし、“魚を三枚におろす”がごとく解説する人気番組を書籍化。『失敗の本質』、『ザ・ラストマン』、『1行バカ売れ』、『修業論』、『持丸長者“幕末・維新篇”』、『狼の群れと暮らした男』など厳選した名著・話題書の中から、新しい考え方や人生の真理を軽妙洒脱な切り口で探っていく。読んでは考え、考えては読む。本との対話から浮き上がる、武田鉄矢の思考とセンスが凝縮された一冊。

第10位 『読書と教育』

読書と教育

著者 池田知隆
出版社 現代書館
出版日 2019年04月10日

《商品紹介》「強制こそ慈悲の心なり」と先生は言った。思想検事の子に生まれ、皇国少年として自己を形成し、戦後はGHQ検閲官となった先生が見出したのは読書鍛錬術という教育の王道だった。だが、戦無派の教え子たちは戦中派のエリート的知性に猛然と反発する。そこに“洗脳”というアポリア(難題)が存在したからだ。

第11位 『子どもの涙』

子どもの涙

著者 徐京植
出版社 高文研
出版日 2019年04月12日

《商品紹介》泣くこと厳禁!授業中に「I am a Japanese」と唱和できなかった少年の悲しみー。寺田寅彦から魯迅やフランツ・ファノンまで、作家・徐京植が心の糧とした読書体験を語る。

第12位 『裏・読書』

裏・読書

著者 手塚 マキ
出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版日 2019年04月

《商品紹介》新宿歌舞伎町に本屋を開いたカリスマホスト・経営者が語る名著13作の意外な読み方。

第13位 『地域の読書をほりおこす』

地域の読書をほりおこす

著者 一般社団法人日本書籍出版協会図書館委員会
出版社 日本書籍出版協会
出版日 2019年04月08日

第14位 『1冊読み切る読書術』

1冊読み切る読書術

著者 齋藤 孝
出版社 ダイヤモンド社
出版日 2019年01月18日

《商品紹介》「読みたいのに読めない!」そんな人のための世界一わかりやすい読書の授業。誰も教えてくれない「読み方」教えます!ありえないほどシンプルな55の方法。

第15位 『記憶の箱舟』

記憶の箱舟

著者 鶴ヶ谷 真一
出版社 白水社
出版日 2019年05月14日

《商品紹介》書物の変遷と読書の変容。さらに両者の織りなす記憶という人間精神の多様ないとなみを、東西の知の歴史に重ね合わせた綺想の文化史。

第16位 『子どもと読書(No.433(2019年1・2)』

子どもと読書(No.433(2019年1・2)

著者 親子読書地域文庫全国連絡会
出版社 親子読書地域文庫全国連絡会
出版日 2018年12月29日

第17位 『【バーゲン本】街場の読書論』

【バーゲン本】街場の読書論

著者 内田 樹
出版社 (株)太田出版
出版日

第18位 『頭がよくなる すごい! 読書術』

頭がよくなる すごい! 読書術

著者 齋藤 孝/いぢち ひろゆき
出版社 PHP研究所
出版日 2019年03月20日

《商品紹介》誰でも読書が得意になる!感想文でもう悩まない!60万部突破の大人気シリーズ待望のマンガ化!!

第19位 『戦略読書日記』

戦略読書日記

著者 楠木 建
出版社 筑摩書房
出版日 2019年04月09日

《商品紹介》読書は経営センスを磨くための筋トレであり、戦略ストーリーを構想するための走りこみである。柳井正『一勝九敗』、ハロルド・ジェニーン『プロフェッショナルマネジャー』から石原莞爾『最終戦争論』、井原西鶴『日本永代蔵』、小林信彦『日本の喜劇人』まで、楠木建が自著を含む22冊の本との対話を通じて考えた戦略と経営の本質。センスを養うための知的修練の書。

第20位 『本物の教養を身につける読書術』

本物の教養を身につける読書術

著者 出口汪
出版社 ぴあ
出版日 2019年03月18日

《商品紹介》知識はネットで身に付くが、教養は本からしか手に入らない。カリスマ国語講師による読書のススメ。

第21位 『ミニオン読書ノート 150枚のシールつき』

ミニオン読書ノート 150枚のシールつき

出版社 KADOKAWA
出版日 2019年02月28日

第22位 『怪盗クイーン 100冊読書ノート』

怪盗クイーン 100冊読書ノート

著者 はやみね かおる/K2商会
出版社 講談社
出版日 2019年03月14日

《商品紹介》怪盗クイーンがお届けするオリジナル読書ノート!1冊読むごとに、6〜7ページの風船にシールをはっていってね。100冊読んだら、なにが飛びだすかは、神のみそ汁!

第23位 『【図書館版】中野京子特別授業『シンデレラ』』

【図書館版】中野京子特別授業『シンデレラ』

著者 中野京子(ドイツ文学)
出版社 NHK出版
出版日 2019年02月

《商品紹介》ガラスの靴はなぜ小さい?継母が意地悪なのはどうして?魔女の正体は?「怖い絵」の著者が案内する、物語のもうひとつの味わい方。

第24位 『生きる力を育む「朝の読書」静寂と集中』

生きる力を育む「朝の読書」静寂と集中

著者 岩岡千景
出版社 高文研
出版日 2019年04月

《商品紹介》朝の読書が始まって30年。なぜ始まったのかなど、朝の読書の1からを、東京新聞記者が紹介。子どもと読書を考える“ヒント”満載の本!

第25位 『自分を救う読書術』

自分を救う読書術

著者 村木 厚子
出版社 宝島社
出版日 2019年06月24日

第26位 『【図書館版】養老孟司特別授業『坊っちゃん』』

【図書館版】養老孟司特別授業『坊っちゃん』

著者 養老孟司
出版社 NHK出版
出版日 2019年02月

《商品紹介》本ばかり読んでも意味がない。漱石と「坊っちゃん」を自身に重ねて説く「反常識」のすすめ!

第27位 『【図書館版】池上彰特別授業『君たちはどう生きるか』』

【図書館版】池上彰特別授業『君たちはどう生きるか』

著者 池上彰
出版社 NHK出版
出版日 2019年02月26日

《商品紹介》豊かさとは、友だちとは、歴史とは、真の英雄とはー戦争の足音が迫りくる80年前、著者・吉野源三郎が投げかけた永遠のテーマを、池上彰とともに考える。

第28位 『読まずにすませる読書術』

読まずにすませる読書術

著者 鎌田浩毅
出版社 SBクリエイティブ
出版日 2019年03月06日

《商品紹介》読書で本当に大事なのは、「いかに読むか」ではなく、「いかに読まないか」。本が「合わない」と感じたら、無理して読む必要はないのです。本書は、既存の速読法や多読法とも一線を画し、本に対する自分の「体癖」を知って、ムダな本や箇所を「読まずにすませる」理系的読書技法を紹介。選書眼を養い、読まなくていい部分を知ることで、自分の最適な読書スタイルが確立できます。

第29位 『江戸の子どもの絵本』

江戸の子どもの絵本

著者 叢の会
出版社 文学通信
出版日 2019年04月11日

《商品紹介》桃太郎、かちかち山、金太郎は今とはちょっと違っていた。昔の登場人物たちに会いに行こう!!関連資料多数掲載!

第30位 『子どもと読書(No.434(2019年3・4)』

子どもと読書(No.434(2019年3・4)

著者 親子読書地域文庫全国連絡会
出版社 親子読書地域文庫全国連絡会
出版日 2019年02月28日