芸術 おすすめの本

2018-01-14

第1位 『古代寺院の芸術世界』

古代寺院の芸術世界

著者 肥田路美
出版社 竹林舎
出版日 2019年05月

第2位 『レオナルド・ダ・ヴィンチ』

レオナルド・ダ・ヴィンチ

著者 池上 英洋
出版社 筑摩書房
出版日 2019年05月14日

《商品紹介》彼は何者だったのか。世界史上もっとも大きな変革をもたらしたルネサンス時代にその中心地イタリア・フィレンツェにほど近い町に生を受け、その後も幅広い分野で多大な影響を与え続けてきた巨人。遺された絵画作品、手稿、メモ、日記、公文書、歴史書など膨大な資料群をもとに世界最先端の研究成果も踏まえながら、今もなおわれわれを魅了する万能人(ウオーモ・ウニヴェルサーレ)の実像に迫る。没後500年、第一人者による本格評伝。

第3位 『高等学校学習指導要領解説 芸術(音楽・美術・工芸・書道)編・音楽編・美術編(平成30年7月)』

高等学校学習指導要領解説 芸術(音楽・美術・工芸・書道)編・音楽編・美術編(平成30年7月)

著者 文部科学省
出版社 教育図書
出版日 2019年04月03日

第4位 『舞台芸術 22 〈劇場〉の現在形 「拡張」と「拡散」の間で』

舞台芸術 22 〈劇場〉の現在形 「拡張」と「拡散」の間で

著者 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
出版社 角川文化振興財団
出版日 2019年03月30日

第5位 『藝術2.0』

藝術2.0

著者 熊倉 敬聡
出版社 春秋社
出版日 2019年05月27日

第6位 『炎芸術 138号』

炎芸術 138号

出版社 阿部出版
出版日 2019年05月01日

第7位 『仏教芸術(第2号)』

仏教芸術(第2号)

著者 仏教芸術学会
出版社 中央公論美術出版
出版日 2019年03月30日

第8位 『版画芸術184号(2019年夏号)』

版画芸術184号(2019年夏号)

出版社 阿部出版
出版日 2019年06月01日

第9位 『バタイユと芸術』

バタイユと芸術

著者 酒井健
出版社 青土社
出版日 2019年04月24日

第10位 『創造と模倣 移動芸術論』

創造と模倣 移動芸術論

著者 栂正行
出版社 三月社
出版日 2019年03月11日

《商品紹介》ノーベル文学賞受賞者カズオ・イシグロ、V.S.ナイポールの作品世界に投錨し創造の航路をつぶさに描き出す。創造と模倣の関係を幅広く問う論考。

第11位 『版画芸術(No.180(2018 夏))』

版画芸術(No.180(2018 夏))

出版社 阿部出版
出版日 2018年06月

第12位 『呼吸する身体』

呼吸する身体

著者 坪井 香譲
出版社 新泉社
出版日 2019年03月27日

《商品紹介》気流法の創始者として知られる著者が、からだとこころの新しい可能性を拓く!

第13位 『文学・芸術・武道にみる日本文化』

文学・芸術・武道にみる日本文化

著者 魚住孝至
出版社 放送大学教育振興会
出版日 2019年03月

第14位 『革命芸術プロレタリア文化運動』

革命芸術プロレタリア文化運動

著者 中川 成美/村田 裕和
出版社 森話社
出版日 2019年02月22日

《商品紹介》沸騰する大衆のエネルギー。“プロレタリア文化運動”は、1920年初めから30年代前半にかけておこなわれた芸術運動・大衆啓蒙運動・地方文化運動である。本書は、近年発掘されたガリ版刷りのビラ、チラシ、チケットなど運動の最前線で使われた多様な資料を駆使しながら、文学・運動理論・演劇・美術・宗教・メディア・ジェンダーの側面から検討し、近代資本主義の矛盾と対峙した人々の足跡を明らかにする。モダニズム研究の新局面。

第15位 『ギャラリーフェイク名品集 愛の芸術』

ギャラリーフェイク名品集 愛の芸術

著者 細野不二彦
出版社 小学館
出版日 2019年03月01日

第16位 『アメリカの芸術と文化』

アメリカの芸術と文化

著者 宮本陽一郎/佐藤良明
出版社 放送大学教育振興会
出版日 2019年03月

第17位 『学習指導要領改訂のポイント 高等学校芸術(音楽)(平成30年版)』

学習指導要領改訂のポイント 高等学校芸術(音楽)(平成30年版)

著者 北山敦康
出版社 明治図書出版
出版日 2019年03月

第18位 『芸術ロック宣言』

芸術ロック宣言

著者 さいあくななちゃん
出版社 ディー・エル・イー
出版日 2019年04月

《商品紹介》2018年の岡本太郎現代芸術賞最高賞を受賞するなど、現代芸術シーンで注目が高まる、さいあくななちゃん。本書には、これまでの創作活動で生まれた2000点に及ぶ作品からセレクトした約500点を収録するほか、2万字に及ぶ自伝を収録。現代芸術家・さいあくななちゃんの学生時代から今現在までの6年間を凝縮した計320ページに及ぶ渾身の1冊。

第19位 『キュビスム芸術史』

キュビスム芸術史

著者 松井裕美
出版社 名古屋大学出版会
出版日 2019年02月

《商品紹介》絵画、彫刻、文学、建築などの作品においても、理論や批評の言説においても、多面的かつ国際的な拡がりをもつキュビスム。「幾何学」的表現の誕生・深化から、二度の世界大戦を経て、歴史的評価の確立へと至る曲折に満ちた展開を、美術と“現実”との関係を軸に描ききる。

第20位 『版画芸術183号(2019年春号)』

版画芸術183号(2019年春号)

出版社 阿部出版
出版日 2019年03月01日

第21位 『一般知識 出るとこチェック 思想・文学・芸術 第3版』

一般知識 出るとこチェック 思想・文学・芸術 第3版

著者 学校法人 麻生塾
出版社 TAC
出版日 2019年02月18日

《商品紹介》公務員採用試験国家一般職(大卒程度)、地方上級対応。出題実績に基づいて合格に必要な知識のみを集約。豊富な図表と楽しい語呂合わせでスッと頭に入る。短い時間で膨大な範囲から要点だけを一巡できる。

第22位 『失われたモノを求めて 不確かさの時代と芸術』

失われたモノを求めて 不確かさの時代と芸術

著者 池田剛介
出版社 夕書房
出版日 2019年02月25日

《商品紹介》「モノからコトへ」時代の、その先へ。長編書き下ろしと7編の論考で探る、「作品」と「制作」の新たなる可能性。

第23位 『フランク・オハラ』

フランク・オハラ

著者 飯野友幸
出版社 水声社
出版日 2019年01月04日

《商品紹介》1950-60年代のニューヨーク、ポロックやギンズバーグ、ケージやフェルドマンといった作家・芸術家の間を飛び回って早世した詩人、フランク・オハラ。戦後の狂騒と冷戦の抑圧の下で、あたうかぎり己の生と詩に自由を与えた異能に迫る!

第24位 『【バーゲン本】ARTE DELLA PIZZA-芸術的なピッツァ』

【バーゲン本】ARTE DELLA PIZZA-芸術的なピッツァ

著者 赤荻 一也
出版社 (株)旭屋出版
出版日

第25位 『手塚治虫と戦時下メディア理論 文化工作・記録映画・機械芸術』

手塚治虫と戦時下メディア理論 文化工作・記録映画・機械芸術

著者 大塚 英志/牧野 守
出版社 星海社
出版日 2018年12月27日

《商品紹介》戦後に花開いた日本映画の担い手たちは、元をたどれば共通の歴史的・文化的体験を有している。東宝が映画を用いて行った戦時下の「文化工作」もその一つであり、あの手塚治虫もまた、それら先鋭的な映画理論やロシア・アヴァンギャルド運動を貪欲に吸収した人物であった。本書では、種々の新史料の発見を通じて、手塚をそれら戦時下のメディア理論の文脈から新たに捉え直すことで、彼の戦後の営みを再解釈せんとするものである。執筆にあたり助力を得た映画史家・牧野守氏の貴重なインタビューや、氏が執筆したTVアニメ『鉄腕アトム』幻の第一話脚本も収録。

第26位 『教養としての「芸術」入門』

教養としての「芸術」入門

著者 山田聖子
出版社 幻冬舎メディアコンサルティング
出版日 2018年09月

《商品紹介》「芸術」の教養がないと国際社会で恥をかく!銀座のギャラリーの代表が解説。初心者でも楽しみながら学べる、はじめての「芸術」ガイド。

第27位 『歴史と芸術のことば』

歴史と芸術のことば

著者 山下暁美/小坂タイチ
出版社 ほるぷ出版
出版日 2019年01月24日

《商品紹介》わたしたちがふだん使うことばは、なぜ、どうやってできたのでしょうか?「ふしぎ?びっくり!ことばの由来博物館」は、ことばの由来を、イラストや写真を見ながら、たのしく学べるシリーズです。身近なことばやおもしろいことば、伝統的なことばをとりあげ、その語源や変化を紹介します。この巻では、歴史にかんすることばや、芸術にまつわることばをとりあげます。

第28位 『芸術闘争論』

芸術闘争論

著者 村上隆
出版社 幻冬舎
出版日 2018年12月06日

第29位 『版画芸術182号(2018冬号)』

版画芸術182号(2018冬号)

出版社 阿部出版
出版日 2018年12月01日

第30位 『新潮日本古典集成〈新装版〉世阿弥芸術論集』

新潮日本古典集成〈新装版〉世阿弥芸術論集

著者 田中 裕
出版社 新潮社
出版日 2018年12月26日

《商品紹介》初心忘るべからず。能を集大成し、芸術の域にまで昇華させた世阿弥。芸の神髄を明晰かつ緻密に論じる世阿弥の伝書五種。