文学 おすすめの本

2018-01-14

第1位 『文学の中の家』

文学の中の家

著者 スーザン・ハーラン/ベッカ・スタッドランダー
出版社 エクスナレッジ
出版日 2019年05月

《商品紹介》『高慢と偏見』のヒロイン、エリザベスが恋に落ちたのはダーシー?それとも彼の美しい屋敷?ジェーン・エアが語る、理想の家庭教師の部屋とは?名作文学の中の登場人物が自らの住まいをブラックユーモアたっぷりに紹介する、「読むお屋敷訪問」。

第2位 『【バーゲン本】北海道ーふるさと文学さんぽ』

【バーゲン本】北海道ーふるさと文学さんぽ

著者 野坂 幸弘
出版社 (株)大和書房
出版日

第3位 『文学2019』

文学2019

著者 日本文藝家協会/多和田 葉子
出版社 講談社
出版日 2019年04月25日

《商品紹介》日本を超え、世界を捉え、文学を革新する15人による名作短篇アンソロジー。2018年刊行の全文芸誌掲載作品から選び抜かれた極上の15作を収録!

第4位 『日本文学の大地』

日本文学の大地

著者 中沢 新一
出版社 KADOKAWA
出版日 2019年02月23日

《商品紹介》言霊の大いなる循環をおそれた万葉集の詩人たち。権力と性愛のふたつの糸が織りなす源氏物語。霊性の贈与を信じ自らを投げ出した親鸞。東海道中膝栗毛の驚くべき軽さと、その底に広がる深淵ー。古典文学がいまなお私たちを魅了するのは、自然と文化が分離されない「大地」に、その言葉が根をおろしていたからだ。霊、貨幣、共同体、そして国家をめぐる思考から、日本人の無意識を揺さぶる19の古典に迫る。

第5位 『【バーゲン本】テロの文学史ー三島由紀夫にはじまる』

【バーゲン本】テロの文学史ー三島由紀夫にはじまる

著者 鈴村 和成
出版社 (株)太田出版
出版日

第6位 『堀辰雄がつなぐ文学の東西』

堀辰雄がつなぐ文学の東西

著者 大石紗都子
出版社 晃洋書房
出版日 2019年03月

《商品紹介》堀辰雄は西洋文学の素養を活かしつつも古典文学への関心を深め、死や悲劇を作品の中に描いた。だがその内実は、復古主義や死の美化と一線を画す。当時の文献や蔵書を検証し、戦時下と文学者における倫理の所在を追う。

第7位 『児玉まりあ文学集成(1巻)』

児玉まりあ文学集成(1巻)

著者 三島芳治
出版社 リイド社
出版日 2019年04月19日

第8位 『文学との訣別』

文学との訣別

著者 ウィリアム・マルクス/塚本昌則
出版社 水声社
出版日 2019年03月25日

《商品紹介》文学は死んだのか?-18世紀、「崇高の美学」にあと押しされて文学は栄光まで昇りつめた。しかし19世紀末、文学に「別れ」を告げた3人の作家ーランボー、ヴァレリー、ホフマンスタールーが現れ、20世紀にはついに自閉状態にまで落ち込み、文学はその影響力を失っていくことになる。この3世紀のあいだに文学に一体なにが起こったのだろうか?文学と世界との関係が切り替わる転回点をたどり、大胆に文学史を読み換える新たなマニフェスト!

第9位 『英語朗読でたのしむ日本文学』

英語朗読でたのしむ日本文学

著者 青谷 優子/ジュリエット・W・カーペンター
出版社 株式会社アルク
出版日 2019年04月26日

《商品紹介》朗読家と翻訳家が日本文学に挑む。ブンガクのおもしろさ、再発見!

第10位 『【謝恩価格本】世界文学写真紀行セット(既刊5冊)』

【謝恩価格本】世界文学写真紀行セット(既刊5冊)

出版社 求龍堂
出版日 2006年03月31日

第11位 『〈奇〉と〈妙〉の江戸文学事典』

〈奇〉と〈妙〉の江戸文学事典

著者 長島 弘明
出版社 文学通信
出版日 2019年05月22日

《商品紹介》読むのにも調べるのにも★この1冊で楽しめる。とっておきの面白作品、73項目、100作品以上!図版160点掲載!用語集、年表付き!事項・人名索引付き!めくるめく魅惑の江戸をもっと知りたい!江戸文学という新世界への入門書。

第12位 『作品で綴る近代文学史』

作品で綴る近代文学史

著者 山田有策/畑有三
出版社 鼎書房
出版日 2018年02月

第13位 『戦争と文学』

戦争と文学

著者 金正勲
出版社 かんよう出版
出版日 2019年01月

第14位 『台南文学の地層を掘る』

台南文学の地層を掘る

著者 大東 和重
出版社 関西学院大学出版会
出版日 2019年03月25日

第15位 『全員参加で楽しい 「考える音読」の授業&音読カード 文学』

全員参加で楽しい 「考える音読」の授業&音読カード 文学

著者 桂 聖/「考える音読」の会
出版社 東洋館出版社
出版日 2019年03月15日

《商品紹介》100を超える音読アイディア!「考える音読カード」で家庭学習もやりたくなる!「考える音読」とは?→文章を正しく読むことに加えて、文章の内容をイメージしたり、文章の論理を考えたりしながら読む音読。定番12教材の授業づくり&音読カードを収録!

第16位 『チーズの事典』

チーズの事典

著者 チーズ王国
出版社 誠文堂新光社
出版日 2019年05月10日

《商品紹介》各種チーズの製造方法・特徴・食べ方から歴史的背景や文化まで、観て読んで楽しめる、はじめてのチーズの教養本。

第17位 『【バーゲン本】福島ーふるさと文学さんぽ』

【バーゲン本】福島ーふるさと文学さんぽ

著者 澤 正宏
出版社 (株)大和書房
出版日

第18位 『【バーゲン本】京都ーふるさと文学さんぽ』

【バーゲン本】京都ーふるさと文学さんぽ

著者 真銅 正宏
出版社 (株)大和書房
出版日

第19位 『幸徳・大石ら冤罪に死す』

幸徳・大石ら冤罪に死す

著者 木村勲
出版社 論創社
出版日 2019年04月28日

《商品紹介》明治44(1911)年正月、幸徳秋水・大石誠之助ら十二人は「大逆罪」の名の下に死刑を執行される。著者は、佐藤春夫・与謝野鉄幹・山県有朋らを軸にして、「事件」の再構成を試みる!

第20位 『【バーゲン本】長野ーふるさと文学さんぽ』

【バーゲン本】長野ーふるさと文学さんぽ

著者 大藤 敏之
出版社 (株)大和書房
出版日

第21位 『理論と批評』

理論と批評

著者 永田 知之
出版社 臨川書店
出版日 2019年06月21日

第22位 『【バーゲン本】大阪ーふるさと文学さんぽ』

【バーゲン本】大阪ーふるさと文学さんぽ

著者 船所 武志
出版社 (株)大和書房
出版日

第23位 『歓待する文学』

歓待する文学

著者 小野正嗣
出版社 NHK出版
出版日 2018年12月29日

第24位 『幻想と怪奇の英文学3』

幻想と怪奇の英文学3

著者 東雅夫/下楠昌哉
出版社 春風社
出版日 2018年12月26日

《商品紹介》広範な分野のフィクション、ゴシック小説からディケンズとヴィクトリア時代の幻想文学者たちを通じて、ドストエフスキー、カフカ、ピーク、ピンチョンまでを読み、比較する過程において、あるパターンが眼前に現れた。幻想文学を「ジャンル」ではなく「モード」(様式)として捉えなおすことを提唱した幻想文学論の古典『幻想文学ー転覆の文学』ついに邦訳なる!

第25位 『石川達三の文学ー戦前から戦後へ、「社会派作家」の軌跡』

石川達三の文学ー戦前から戦後へ、「社会派作家」の軌跡

著者 呉恵升
出版社 アーツアンドクラフツ
出版日 2019年03月20日

《商品紹介》戦時下「戦争協力」資料を発掘!!戦前に『蒼〓』で第1回芥川賞、『生きてゐる兵隊』発禁処分、戦後には社会派作家として『人間の壁』『金環蝕』『風にそよぐ葦』や『青春の蹉跌』『僕たちの失敗』などを描いた石川達三を実証的に批判する。

第26位 『時代を生きる作家と文学』

時代を生きる作家と文学

著者 牛久保建男
出版社 日本民主主義文学会
出版日 2018年11月

第27位 『第十四回 岡山県 内田百間文学賞 受賞作品集』

第十四回 岡山県 内田百間文学賞 受賞作品集

著者 小浦裕子/中野ふ菜
出版社 作品社
出版日 2019年03月20日

第28位 『沖縄文学の一〇〇年』

沖縄文学の一〇〇年

著者 仲程昌徳
出版社 ボーダーインク
出版日 2018年10月16日

第29位 『ヨーロッパ文学の読み方ー近代篇』

ヨーロッパ文学の読み方ー近代篇

著者 沼野充義/野崎歓
出版社 放送大学教育振興会
出版日 2019年03月

第30位 『文学・芸術・武道にみる日本文化』

文学・芸術・武道にみる日本文化

著者 魚住孝至
出版社 放送大学教育振興会
出版日 2019年03月