家族 おすすめの本

2018-01-14

第1位 『関東・首都圏発家族でおでかけ 夏休み号』

関東・首都圏発家族でおでかけ 夏休み号

出版社 昭文社
出版日 2019年05月27日

第2位 『あたらしい家族ができました。(2)』

あたらしい家族ができました。(2)

著者 与田基俟
出版社 一迅社
出版日 2019年05月

第3位 『成年後見より家族信託』

成年後見より家族信託

著者 石川秀樹
出版社 ミーツ出版
出版日 2019年04月20日

《商品紹介》預金凍結を防ぐ。名義移してお金“救出”信託こそが庶民の知恵。カラーイラスト、読みやすい文章、豊富な信託事例。

第4位 『家族って、いいな。』

家族って、いいな。

著者 hiro
出版社 大和出版
出版日 2019年05月14日

《商品紹介》見失いがちな“側にある愛”に涙があふれる。話題となった「ビスコのおばあちゃんのはなし」「家族のはなし」と、書き下ろし6話を収録!!

第5位 『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』

いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる

著者 村松 謙一/石村 博子
出版社 KADOKAWA
出版日 2019年04月24日

《商品紹介》村松謙一。倒産の危機に見舞われた会社を、法律を駆使した経営改革を行い、蘇らせる企業再建弁護士である。40年近い活動で、ゼネコンや宅配会社、個人商店まで200以上の会社を復活させてきた。その圧倒的多数が、金融機関にも取引先にも見放され、息も絶え絶えに救いを求めてきたケースだ。「企業再生こそ日本の再生だ」と誓い、自死すら覚悟した経営者たちに生きる勇気を与えてきた男が、修羅場で見たすべてを明かした。

第6位 『十津川警部 家族』

十津川警部 家族

著者 西村京太郎
出版社 双葉社
出版日 2019年03月14日

《商品紹介》十津川警部に辞表を提出して失踪した田中刑事。飲酒運転で人を轢いて死亡させ、遺体を奥多摩山中に埋めたという弟を助けるための決断だった。十津川は捜査を始めるが、埋めたという遺体は発見されず、田中家を監視する謎の男が現れ、さらに兄弟の犯罪を告発する手紙が捜査本部に送られてくる。果たして事件の真相は…!?

第7位 『【バーゲン本】家族最後の日』

【バーゲン本】家族最後の日

著者 植本 一子
出版社 (株)太田出版
出版日

第8位 『ライフライン21がんの先進医療(vol.33(2019 Apr)』

ライフライン21がんの先進医療(vol.33(2019 Apr)

出版社 蕗書房
出版日 2019年04月

第9位 『じいじが迷子になっちゃった』

じいじが迷子になっちゃった

著者 城戸久枝/羽尻利門
出版社 偕成社
出版日 2019年07月18日

第10位 『【バーゲン本】家族の哲学』

【バーゲン本】家族の哲学

著者 坂口 恭平
出版社 毎日新聞出版
出版日

第11位 『台風家族』

台風家族

著者 市井点線
出版社 キノブックス
出版日 2019年05月22日

《商品紹介》あの日、親父が強盗事件を起こしてから、10年が経つー。ある真夏の一日、実家に集結した鈴木家に大騒動が巻き起こる!

第12位 『終末家族計画』

終末家族計画

著者 ふうたまろ
出版社 芳文社
出版日 2019年05月16日

第13位 『あっぱれ!浦安鉄筋家族(3)』

あっぱれ!浦安鉄筋家族(3)

著者 浜岡賢次
出版社 秋田書店
出版日 2019年05月08日

第14位 『家族と歩んだ15年のレシピ 飛田和緒のうちごはん』

家族と歩んだ15年のレシピ 飛田和緒のうちごはん

著者 飛田 和緒
出版社 KADOKAWA
出版日 2019年04月22日

第15位 『発達障害児とその家族を支える』

発達障害児とその家族を支える

著者 会沢勲
出版社 学文社
出版日 2015年08月

第16位 『家族はなぜ介護してしまうのか』

家族はなぜ介護してしまうのか

著者 木下衆
出版社 世界思想社
出版日 2019年02月

《商品紹介》介護を頑張りすぎることへの問題提起。患者の人生や性格に合わせた介護が求められる現在の認知症。患者をよく知るからこそ、家族は悩み、憤り、反省する。認知症を理解し、介護へと導かれ、患者との関係を再構築するまでの家族の営みを丹念に描く。

第17位 『万引き家族』

万引き家族

著者 是枝裕和
出版社 宝島社
出版日 2019年04月04日

《商品紹介》とある住宅街。柴田治と息子の祥太は、日常的に万引きをする生活を送っていた。ある日、治は幼い少女が家から閉め出されているのを見かねて、連れて帰る。妻の信代と、同居する信代の母の初枝、信代の妹の亜紀は、少女の家庭事情を案じ、戸惑いつつも少女を「家族」として迎え入れ、「りん」と名づける。しかし、ある出来事をきっかけに、家族の抱える「秘密」が明らかになっていくー。国の内外で大きな反響を呼んだ映画『万引き家族』を、是枝裕和監督が自ら小説化。

第18位 『オードリーatHome改訂版』

オードリーatHome改訂版

著者 ルカ・ドッティ/ルイージ・スピノーラ
出版社 フォーイン
出版日 2019年04月17日

《商品紹介》今なお世界を魅了し続ける女優オードリー・ヘップバーンが愛したものに思いを巡らせ、息子ルカ・ドッティが語る母の生涯。彼女の最愛の子どもたち、友人、動物たちと過ごした日々を、50種類のお気に入りレシピと250枚以上の家族写真、思い出の品、プライベートなエピソードの数々で描き出す。真のオードリーの家庭の姿がこの一冊に。

第19位 『こどもの整形外科疾患の診かた 第2版』

こどもの整形外科疾患の診かた 第2版

著者 亀ヶ谷 真琴
出版社 医学書院
出版日 2019年05月13日

第20位 『〈性〉なる家族』

〈性〉なる家族

著者 信田 さよ子
出版社 春秋社
出版日 2019年05月27日

《商品紹介》ブラックボックスの蓋を開く。語られることなく置き去りにされたものの中に、家族の本質はある。性虐待からDV、セックスレス、不妊治療、セクハラまで。カウンセリング経験をもとに、性にまつわる力関係を読みとく渾身の論考。

第21位 『女帝花舞 家族』

女帝花舞 家族

著者 倉科遼/和気一作
出版社 リイド社
出版日 2019年05月16日

第22位 『家族法第5版』

家族法第5版

著者 二宮周平
出版社 新世社(渋谷区)
出版日 2018年12月29日

《商品紹介》第4版刊行以降の家族法をめぐる大きな変化を捉え、その本質的問題を考える。

第23位 『家族 新・軍鶏侍』

家族 新・軍鶏侍

著者 野口卓
出版社 祥伝社
出版日 2019年04月12日

《商品紹介》「軍鶏侍…か」十九年かけて敵討ちをなし、武士の鑑と讃えられた園瀬の英雄大野礼太郎は、岩倉家の庭でぼそりと漏らした。その大野が突然の乱心を起こし、岩倉源太夫に上意討ちの命が下る。長い歳月を孤独のうちにすごさねばならなかった藩士の胸の内とは(『孤愁』)。淡々と、しかしはっきりと移ろう園瀬の日々に、家族の姿を浮かび上がらせる珠玉の四編を収録。

第24位 『家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書(2019)』

家族で楽しい!わくわく釣り遊び完全教書(2019)

出版社 つり人社
出版日 2019年04月17日

第25位 『御本尊の大功徳で祈りは必ず叶う!』

御本尊の大功徳で祈りは必ず叶う!

著者 大日蓮出版
出版社 大日蓮出版
出版日 2019年01月

第26位 『介護殺人』

介護殺人

著者 毎日新聞大阪社会部取材班
出版社 新潮社
出版日 2019年05月29日

《商品紹介》全国の要介護認定者数656万人。「夫婦だから」「親子だから当然」と始めた家庭での介護が長期化し、困難を極め、やがて悲劇が起こる。-今、全国で続出する介護を苦にした殺人事件。なぜ最愛の母親を手にかけてしまったのか。家族の絆がなぜ悪夢に変わったのか、当事者の悲痛な叫びに耳を傾けた記者たちが目の当たりにしたのは、在宅介護の切なすぎる現実だった。慟哭と衝撃の最前線ドキュメント。

第27位 『いのちへの礼儀』

いのちへの礼儀

著者 生田 武志
出版社 筑摩書房
出版日 2019年02月28日

《商品紹介》人間にとって動物とは何者なのか。なぜ私たちは意図的に動物を殺すのか。それを問うことは、人類の来し方を振り返り、肉食への態度を語るのに等しい。ホモ・サピエンスの誕生以来二〇万年続いた「狩猟」。一万年前からの「家畜」。そして二〇世紀後半の「畜産革命」によって、まさしく「いのち」が産業化され、生権力の対象となった。大阪・釜ヶ崎という極限状況で人間の生と死を洞察してきた著者が、動物たちの生と死に真っすぐに向き合い、人間と動物との共闘の道をしめす書き下ろし評論。

第28位 『図解90分でわかる!はじめての相続』

図解90分でわかる!はじめての相続

著者 曽根恵子/丸山純平
出版社 クロスメディア・パブリッシング
出版日 2019年05月

《商品紹介》40年ぶりの相続制度・大改正対応。豊富な事例から知る、「家族」で考える円満“相続”のススメ。

第29位 『家族法』

家族法

著者 本山 敦/青竹美佳
出版社 日本評論社
出版日 2019年01月15日

《商品紹介》相続法改正を踏まえた待望の改訂版。改正法の情報を中心に、基本となる解説をアップデート。日評ベーシックシリーズは、これから法律を学ぶみなさんのために分かりやすく丁寧な解説を採用した、新しい教科書です。

第30位 『つながりを生きる』

つながりを生きる

著者 中屋敷千尋
出版社 風響社
出版日 2019年02月