図書館 おすすめの本

2018-01-14

第1位 『叡智の図書館と十の謎』

叡智の図書館と十の謎

著者 多崎礼
出版社 中央公論新社
出版日 2019年02月22日

《商品紹介》どこまでも続く広大な砂漠の果て、そこには古今東西の知識のすべてが収められ、至りし者が神に等しい力を手にできる図書館があるというー長い旅路の末、たどり着いた旅人がひとり。鎖に縛められたその扉を開かんとする彼に守人は謎をかける。鎖は十本、謎も十問。旅人は万智の殿堂へたどり着けるのか!?知の冒険へ誘う傑作長篇!

第2位 『未来の図書館、はじめます』

未来の図書館、はじめます

著者 岡本 真
出版社 青弓社
出版日 2018年11月02日

《商品紹介》どのようにして図書館をはじめればいいのか?地域のハブや知のアーカイブとして図書館が近年注目されているが、実際の「図書館のはじめ方」は未整備な部分が多い。図書館計画の読み方、図書館整備と地方自治体が抱える課題、図書館整備の手法の長所と短所、具体的な進め方とスケジュールー図書館整備の勘どころをコンパクトにまとめる実践の書。

第3位 『平湯モデル図書館写真集』

平湯モデル図書館写真集

著者 平湯文夫
出版社 ボイックス
出版日 2019年04月

第4位 『図書館版 ゲームクリエイターになるには?』

図書館版 ゲームクリエイターになるには?

出版社 金の星社
出版日 2019年03月07日

第5位 『図書館制度・経営論ー第2版』

図書館制度・経営論ー第2版

著者 柳 与志夫/大串 夏身
出版社 学文社
出版日 2019年03月20日

第6位 『図書館政策セミナー「法的視点から見た図書館と指定管理者制度の諸問題」講演録』

図書館政策セミナー「法的視点から見た図書館と指定管理者制度の諸問題」講演録

著者 鑓水三千男/日本図書館協会図書館政策企画委員会
出版社 日本図書館協会
出版日 2018年10月

第7位 『図書館情報学基礎資料第2版』

図書館情報学基礎資料第2版

著者 今まど子/小山憲司
出版社 樹村房
出版日 2019年03月

第8位 『世界の図書館から』

世界の図書館から

著者 U-PARL(東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門)
出版社 勉誠出版
出版日 2019年04月15日

第9位 『【図書館版】コロコロKids工作BOOKドミノ装置・迷路・ロボット(全3巻セット』

【図書館版】コロコロKids工作BOOKドミノ装置・迷路・ロボット(全3巻セット

著者 野出正和/古川孝
出版社 いかだ社
出版日 2019年04月

第10位 『図書館巡礼』

図書館巡礼

著者 スチュアート・ケルズ/小松 佳代子
出版社 早川書房
出版日 2019年03月20日

《商品紹介》図書館とはただ本を集めた場所ではない。図書館は知の集積所であり、贅を凝らした建築物であり、生と死、渇望と喪失といったあらゆる人間ドラマの舞台でもある。古代エジプトのアレクサンドリア図書館から中世以来のザンクト・ガレン修道院図書館、そして現代のフォルジャー・シェイクスピア図書館、ボドリアン図書館まで、古今の偉大な図書館の魅力を語り、文献の保守・保存・獲得に心血を注いだ「愛書家」たちのエピソードを活写する。著名な図書館のカラー写真も多数収録。

第11位 『図書館司書と不死の猫』

図書館司書と不死の猫

著者 リン・トラス/玉木 亨
出版社 東京創元社
出版日 2019年05月11日

《商品紹介》愛妻を亡くし、ケンブリッジの図書館を定年退職したばかりのわたしのもとへ、ある日一通の奇妙なメールが届く。添付されていたフォルダには、突然失踪した姉をさがす男の手記と、その女性に飼われていた猫に関する信じがたい情報がおさめられていた。猫は人間の言葉をしゃべり、血も凍るような過去を語っていたー。わたしは好奇心に駆られて、真偽を確かめようと調査にのりだす。予測不可能な恐ろしい事態に巻きこまれるとも知らずに…。ミステリ、ホラー、文学への愛がたっぷり詰めこまれた、不死の猫をめぐる不思議でブラックな物語!

第12位 『夢見る帝国図書館』

夢見る帝国図書館

著者 中島 京子
出版社 文藝春秋
出版日 2019年05月15日

《商品紹介》本がわれらを自由にする。明治に出来た日本初の図書館と戦後を生きた喜和子さん。ふたつの物語は平成でひとつにー

第13位 『多文化社会の社会教育』

多文化社会の社会教育

著者 渡辺 幸倫
出版社 明石書店
出版日 2019年03月28日

第14位 『幽霊探偵ハル 謎を呼ぶ図書館ジャック』

幽霊探偵ハル 謎を呼ぶ図書館ジャック

著者 田部智子/木乃ひのき
出版社 KADOKAWA
出版日 2019年06月15日

第15位 『和の文化を発見する水とくらす日本のわざ(3)』

和の文化を発見する水とくらす日本のわざ(3)

著者 中庭光彦
出版社 汐文社
出版日 2019年03月23日

《商品紹介》日本は、世界でもめずらしいくらい、きれいで安全な水に恵まれています。そしてそんな日本ならではの、独特な食文化や伝統産業、水の文化が発展してきました。また、大切な水を、手に入れ、守り、使ってきた、先人たちの利水や治水のたくさんの知恵やくふうもあります。この巻では、日本人のくらしの中の水についてとりあげています。風呂、手水舎、打ち水など、清めとしての水、日本庭園や清流など、楽しむものとしての水など、身近にある水の伝統的な文化を紹介しています。ずっと昔から今日までうけつがれてきた、水とくらす和のわざのすばらしさをこの本で発見してみてください。

第16位 『図書館情報技術論』

図書館情報技術論

著者 田中 均
出版社 青弓社
出版日 2019年03月31日

第17位 『翼ある歴史 図書館島異聞』

翼ある歴史 図書館島異聞

著者 ソフィア・サマター/市田 泉
出版社 東京創元社
出版日 2019年04月11日

《商品紹介》帝国オロンドリアを二分した、書物と言葉を巡る大乱。その只中を生きた四人の女性たちー戦いにその身を投じた剣の乙女、彼女を愛した遊牧民の歌い手、反乱軍に囚われた女司祭、政略結婚の駒として翻弄された王家の娘は、正史からは葬られた物語を自らの声で語り始める。響き合う物語からやがて立ち上がるのは、彼女たちにとっての“歴史”-デビュー作にして世界幻想文学大賞など四冠の長編『図書館島』の世界に連なる、壮大にして精緻なる傑作ファンタジイ。

第18位 『図書館の日本史』

図書館の日本史

著者 新藤透
出版社 勉誠出版
出版日 2019年01月18日

《商品紹介》日本人の隣には、いつも本があったー。図書館はどのように誕生したのか?歴史上の人物たちはどのように本を楽しみ、収集し、利用したのか?寄贈・貸出・閲覧はいつから行われていたのか?古代から現代まで、日本の図書館の歴史をやさしく読み解く、はじめての概説書!

第19位 『【図書館版】中野京子特別授業『シンデレラ』』

【図書館版】中野京子特別授業『シンデレラ』

著者 中野京子(ドイツ文学)
出版社 NHK出版
出版日 2019年02月

《商品紹介》ガラスの靴はなぜ小さい?継母が意地悪なのはどうして?魔女の正体は?「怖い絵」の著者が案内する、物語のもうひとつの味わい方。

第20位 『旬ってなに?季節の食べもの 冬』

旬ってなに?季節の食べもの 冬

著者 本多京子
出版社 汐文社
出版日 2019年03月

第21位 『【図書館版】養老孟司特別授業『坊っちゃん』』

【図書館版】養老孟司特別授業『坊っちゃん』

著者 養老孟司
出版社 NHK出版
出版日 2019年02月

《商品紹介》本ばかり読んでも意味がない。漱石と「坊っちゃん」を自身に重ねて説く「反常識」のすすめ!

第22位 『約束は図書館の片隅で(1)』

約束は図書館の片隅で(1)

著者 藤田麻貴
出版社 秋田書店
出版日 2019年07月16日

第23位 『【図書館版】池上彰特別授業『君たちはどう生きるか』』

【図書館版】池上彰特別授業『君たちはどう生きるか』

著者 池上彰
出版社 NHK出版
出版日 2019年02月26日

《商品紹介》豊かさとは、友だちとは、歴史とは、真の英雄とはー戦争の足音が迫りくる80年前、著者・吉野源三郎が投げかけた永遠のテーマを、池上彰とともに考える。

第24位 『図書館ドラゴンは火を吹かない』

図書館ドラゴンは火を吹かない

著者 東雲佑
出版社 宝島社
出版日 2018年09月06日

《商品紹介》物語師を目指して旅に出た少年ユカが出逢ったのは、森の中で孤独に過ごす火竜のリエッキでした。心を通わせたふたりは一緒に旅をすることになります。旅の中で、ユカは魔法使いとして目覚め、リエッキは魔法の力で人間の姿を得たのです。しかし魔法使いは世間から偏見の目で見られていました。その差別を払拭するため、ユカは物語を人々に聴かせるのです。現在と過去を結び、喪失と再生を紡ぐ、感動のファンタジー。

第25位 『(図書館版)世界史で読み解く現代ニュース<宗教編>』

(図書館版)世界史で読み解く現代ニュース<宗教編>

著者 池上 彰/増田 ユリヤ
出版社 ポプラ社
出版日 2019年04月02日

《商品紹介》今なお、世界中で宗教にかかわる争いが繰り返されている。人間の生活に根付くようにして発展した三つの宗教が、現代とどのようにつながっているのかを知ることで、人類にとって宗教とはどのようなものなのかが見えてくる。異文化理解にも適な一冊。

第26位 『NHK新歴史秘話ヒストリア【図書館用】(1)』

NHK新歴史秘話ヒストリア【図書館用】(1)

著者 NHK「歴史秘話ヒストリア」制作班
出版社 金の星社
出版日 2018年01月

第27位 『新宿もののけ図書館利用案内』

新宿もののけ図書館利用案内

著者 峰守ひろかず
出版社 一迅社
出版日 2019年04月

《商品紹介》新宿・舟町の住宅街にひっそりと佇む深夜営業の「新宿本姫図書館」。本を返す時には必ず別の本を添えなければならないという奇妙なルールがあるこの館には、人間でないものばかりが訪れるー。人間の身でありながら、訳あって本姫図書館で働くことになった末花詞織。生真面目な館長代理の牛込山伏町カイルとともに、今夜も化け猫や化け狐などの新宿妖怪を相手に奮闘するが!?気弱な司書と新米館長代理が紡ぐ、優しいもののけ図書館物語。

第28位 『ナチスから図書館を守った人たち』

ナチスから図書館を守った人たち

著者 デイヴィッド・E・フィッシュマン/羽田 詩津子
出版社 原書房
出版日 2019年02月22日

《商品紹介》ナチスは迫害行為を正当化するため、ヨーロッパ全土のユダヤ人から蔵書や文化的財産を略奪し、ドイツ国内のユダヤ民族図書館へと移送した。しかし、ドイツに送られるのはほんの一部。残りの大半は焼却され、神聖なトーラーの巻物はナチス兵の革靴に再利用された。最も激しいホロコーストがあったリトアニアの首都ヴィルナ(現在のヴィリニュス)で、自分たちの文化が踏みにじられるのを許すまいとした通称「紙部隊」-知識人ら40名のユダヤ人たちが命を懸けて闘った、知られざる歴史の記録。全米ユダヤ図書賞受賞!

第29位 『【図書館版】齋藤孝特別授業『銀の匙』』

【図書館版】齋藤孝特別授業『銀の匙』

著者 齋藤孝(教育学)
出版社 NHK出版
出版日 2019年02月

《商品紹介》読書には、特別な力がある。あなたが絶望に苦しむときそれでも前へ進む力とは。著者・中勘助のメッセージを、齋藤孝が読み解く。

第30位 『いのちを救いたい 救急救命24時(2)』

いのちを救いたい 救急救命24時(2)

著者 風讃社
出版社 汐文社
出版日 2019年01月29日