三国志 おすすめの本

2018-01-14

第1位 『超ビジュアル!三国志人物大事典』

超ビジュアル!三国志人物大事典

著者 渡辺精一
出版社 西東社
出版日 2017年11月08日

《商品紹介》いきいきとしたイラストで三国志の人物がよくわかる!大迫力のCGで歴史の名場面をリアルに再現!肖像画、写真、地図などの資料も多数掲載!

第2位 『三国志(全30巻セット)』

三国志(全30巻セット)

著者 横山光輝
出版社 潮出版社
出版日 2002年09月

第3位 『【バーゲン本】コミックそれからの三国志 上下』

【バーゲン本】コミックそれからの三国志 上下

著者 ももなり 高
出版社 (株)世界文化社
出版日

第4位 『学研まんが 三国志 全6巻セット』

学研まんが 三国志 全6巻セット

著者 渡邉義浩/入澤宣幸
出版社 学研プラス
出版日 2019年03月26日

第5位 『『三国志』からリーダーの生き方を学ぶ』

『三国志』からリーダーの生き方を学ぶ

著者 宇山 卓栄
出版社 三笠書房
出版日 2017年11月22日

第6位 『三国志演義 1』

三国志演義 1

著者 羅貫中/立間 祥介
出版社 KADOKAWA
出版日 2019年05月24日

《商品紹介》二世紀末、宦官が専横を極め崩壊寸前の漢王朝。黄巾賊が暴徒と化す乱世を正さんと、劉備、関羽、張飛の三豪傑が立ち上がる。桃園に宴し義兄弟の契りを結び黄巾討伐するも、天下の支配権を巡り権力闘争が次々勃発。暴君・董卓の盛衰、劉備の宿敵・曹操の台頭、強将・呂布との攻防ー群雄割拠の戦国の世が幕を開ける!中国歴史小説史上最大のベストセラー。NHK人形劇の原作となった立間祥介の名訳で、不朽の大河ロマンが蘇る。

第7位 『三国志演義 2』

三国志演義 2

著者 羅貫中/立間 祥介
出版社 KADOKAWA
出版日 2019年05月24日

《商品紹介》官渡の戦いに勝利し、勢力を一気に拡大する曹操。一方、劉備は稀代の賢者・諸葛亮孔明を、三顧の礼をもって新たな軍師として迎え入れた。一進一退を繰り返す二者の攻防の中、江東の孫権も黄祖を破り、虎視耽々と権力拡大をもくろむ。三つ巴の戦乱の行方を握るのは策士・孔明の見事な妙計ー〓統の連環の計を経て、80万の曹操軍を火攻めにすべく七星壇を築いた孔明。奇跡の東風を起こせるか。赤壁の戦いの結末がここに!

第8位 『学研まんが 三国志 初回限定特典付き 全6巻』

学研まんが 三国志 初回限定特典付き 全6巻

著者 渡邉義浩/入澤宣幸
出版社 学研プラス
出版日 2019年03月26日

第9位 『絶対に人に言いたくなる ろくでもない 三国志の話』

絶対に人に言いたくなる ろくでもない 三国志の話

著者 うどん/木志田 コテツ
出版社 KADOKAWA
出版日 2018年03月30日

第10位 『三国志(上)新版』

三国志(上)新版

著者 羅貫中/小川環樹
出版社 岩波書店
出版日 2000年11月

《商品紹介》うちつづく戦乱に苦しむ人民を見て、玄徳(劉備)は関羽・張飛と兄弟のちぎりを結び、軍師孔明をむかえて天下統一をめざす。英雄と豪傑が入りみだれ、力のかぎりをつくして戦う勇壮なドラマがここに始まる。中学以上。

第11位 『三国志(1)』

三国志(1)

著者 神楽坂淳/フカキショウコ
出版社 集英社
出版日 2011年04月

《商品紹介》おれの名は劉備。今、おれの住む平和な村が揺れている。一本の立て札が立ったのだ。そこには「黄巾賊と戦う戦士を集めている」と書いてある。黄巾賊は天下征服を狙う悪党集団だ。やつらが襲いに来る…戦いたいが、村の人たちを危険にさらすかも…。そんなとき、大男が現れて言った。「一緒に戦おう」って!?おれたちで村を守ってやる!時代を越えて読み継がれる歴史小説、スタート!小学中級から。

第12位 『別冊NHK100分de名著 集中講義 三国志』

別冊NHK100分de名著 集中講義 三国志

著者 渡邉 義浩
出版社 NHK出版
出版日 2019年06月25日

第13位 『三国志の考古学 出土資料からみた三国志と三国時代』

三国志の考古学 出土資料からみた三国志と三国時代

著者 関尾史郎
出版社 東方書店
出版日 2019年06月20日

第14位 『今こそ知りたい三国志』

今こそ知りたい三国志

出版社 英和出版社
出版日 2019年06月

第15位 『三国志への道標』

三国志への道標

著者 井上 泰山
出版社 関西大学出版部
出版日 2019年02月27日

《商品紹介》泰山先生、教えてください。英雄と名高い関羽は卑怯者?悪役の曹操は稀代の人格者?これって本当ですか?

第16位 『人事の三国志 変革期の人脈・人材登用・立身出世(仮)』

人事の三国志 変革期の人脈・人材登用・立身出世(仮)

著者 渡邉義浩
出版社 朝日新聞出版
出版日 2019年06月

第17位 『呉書 三国志』

呉書 三国志

著者 斉藤 洋
出版社 講談社
出版日 2019年03月28日

《商品紹介》児童文学の大家が描く、戦乱の世を生きぬいた父子の物語。

第18位 『本当はこうだった!三国志の嘘と真実』

本当はこうだった!三国志の嘘と真実

著者 三国志の謎研究会
出版社 宝島社
出版日 2017年02月06日

《商品紹介》三国志の史跡・合戦一挙掲載。52の疑問とタブーに切り込む!

第19位 『【謝恩価格本】三国志パズル大戦公式アートブック』

【謝恩価格本】三国志パズル大戦公式アートブック

著者 一二三書房/Cygames
出版社 一二三書房
出版日 2015年04月05日

第20位 『新説!三国志』

新説!三国志

出版社 エイ出版社
出版日 2019年06月24日

第21位 『三国志メシ 1』

三国志メシ 1

著者 本庄敬
出版社 潮出版社
出版日 2019年06月20日

第22位 『史実 三国志』

史実 三国志

出版社 宝島社
出版日 2019年07月02日

第23位 『三国志(4)』

三国志(4)

著者 神楽坂淳/フカキショウコ
出版社 集英社
出版日 2012年04月

《商品紹介》わたしは周瑜。80万という強大な曹操軍が、我が孫権軍に攻めてくる…!孫権様は“開戦派”と“降伏派”との間で揺れている。しかし最強の水軍を持つ我々に“降伏”という文字はないっ!そこへ現れた劉備軍の軍師・孔明という男…。劉備軍の活躍はうわさには聞いていたが、手を組むといっても簡単に信用できるものか!?この国の命運をにぎる“赤壁の戦い”がついに始まる!

第24位 『劉備と諸葛亮 カネ勘定の『三国志』』

劉備と諸葛亮 カネ勘定の『三国志』

著者 柿沼 陽平
出版社 文藝春秋
出版日 2018年05月18日

《商品紹介》三国志に登場する劉備といえば民おもいの名君で、諸葛亮は天才軍師…ところが最新の研究では、こうした「常識」に疑問が生じている。本書では単なる物語ではなく、史実にもとづき、さらには彼らのカネの動きを追うことで、英雄たちの実像にせまる。あなたの知らない三国志がここにある。

第25位 『三国志(3)』

三国志(3)

著者 神楽坂淳/フカキショウコ
出版社 集英社
出版日 2012年02月

《商品紹介》わたしの名前は趙雲。呂布が極悪非道な将軍、董卓を倒したが、戦はいまだ続いている。その中、曹操が才智を発揮。曹操は帝を利用して勢力を拡大させつつあった。わたしは劉備殿のもとに身を寄せて、帝のためにともに戦うことにした。知略にすぐれ、大軍を率いる曹操軍に対抗するため、わたしたちは“伏竜”というなぞの軍師(戦略家)を探す旅に出た…!小学中級から。

第26位 『『三国志』の英雄 曹操』

『三国志』の英雄 曹操

著者 林田愼之助
出版社 清水書院
出版日 2019年04月15日

《商品紹介》本書は、『三国志演義』などによって形成された「悪人」曹操という虚像を排し、当時の常識的な思考を超越した武将、また時代に突出していた詩人としての曹操の実像を鮮明に描き出した、最新の書き下ろし作品である。

第27位 『武将を描く 戦国・三国志+天使』

武将を描く 戦国・三国志+天使

出版社 ホビージャパン
出版日 2019年06月08日

第28位 『三国志(2)』

三国志(2)

著者 神楽坂淳/フカキショウコ
出版社 集英社
出版日 2011年10月

《商品紹介》わたしの名は曹操。黄巾賊を倒して数年が過ぎたが、都は董卓に支配され、国は再び混乱と恐怖におちいっていた。そこでわたしは董卓討伐の連合軍を結成しようと、各地に呼び掛けた。そして、かつてともに戦った劉備、孫堅たち英雄が再び集まった。しかし、わたしたちの行く手には、董卓軍の猛将・呂布がたちはだかる!果たしてわれら連合軍に勝機はあるのか!?小学中級から。

第29位 『妖怪道中三国志(全5巻セット)』

妖怪道中三国志(全5巻セット)

著者 三田村信行/十々夜
出版社 あかね書房
出版日 2018年03月

第30位 『三国志(5(完結編))』

三国志(5(完結編))

著者 神楽坂淳/フカキショウコ
出版社 集英社
出版日 2012年06月

《商品紹介》三国志完結編!おれは劉備。赤壁の戦いは孔明の作戦により劉備軍・呉軍の勝利、曹操の敗走で幕を閉じた。おれたちは国を三つに分ける計画を進めるため、荊州、益州を手に入れようとするが、周瑜、曹操がその前に立ちはだかる。しかし新たに猛将・黄忠、馬超や、孔明に並ぶ軍師・〓(ほう)統を加えたおれたちなら漢王朝を立て直せる!英雄たちの戦い、ついにクライマックス!小学中級から。