ダヴィンチ おすすめの本

2018-01-14

第1位 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 上』

レオナルド・ダ・ヴィンチ 上

著者 ウォルター・アイザックソン/土方 奈美
出版社 文藝春秋
出版日 2019年03月29日

《商品紹介》「芸術」と「科学」を結び「創造性」を生み出した。科学者であり、軍事顧問であり、舞台演出家だった。光学、幾何学、解剖学などの、点と点を結ぶ芸術家であり人類史上はじめて現れたイノベーターだった。同性愛者であり、美少年の巻き毛の虜となった。遺された七二〇〇枚のダ・ヴィンチ全自筆ノートを基にその生涯と天才性を描き切った、空前絶後の決定版。

第2位 『レオナルド・ダ・ヴィンチ』

レオナルド・ダ・ヴィンチ

著者 池上 英洋
出版社 筑摩書房
出版日 2019年05月14日

《商品紹介》彼は何者だったのか。世界史上もっとも大きな変革をもたらしたルネサンス時代にその中心地イタリア・フィレンツェにほど近い町に生を受け、その後も幅広い分野で多大な影響を与え続けてきた巨人。遺された絵画作品、手稿、メモ、日記、公文書、歴史書など膨大な資料群をもとに世界最先端の研究成果も踏まえながら、今もなおわれわれを魅了する万能人(ウオーモ・ウニヴェルサーレ)の実像に迫る。没後500年、第一人者による本格評伝。

第3位 『レオナルド・ダ・ヴィンチを旅する』

レオナルド・ダ・ヴィンチを旅する

著者 池上 英洋
出版社 平凡社
出版日 2019年04月24日

第4位 『【謝恩価格本】ねずみたんていノート ジェロニモとダ・ヴィンチュ・コードのなぞ』

【謝恩価格本】ねずみたんていノート ジェロニモとダ・ヴィンチュ・コードのなぞ

著者 ジェロニモ・スティルトン/やまもと妹子
出版社 KADOKAWA
出版日 2017年02月21日

第5位 『DAVINCI RESOLVE デジタル映像編集 パーフェクトマニュアル』

DAVINCI RESOLVE デジタル映像編集 パーフェクトマニュアル

著者 阿部信行
出版社 ソーテック社
出版日 2019年04月03日

第6位 『レオナルド・ダ・ヴィンチ 下』

レオナルド・ダ・ヴィンチ 下

著者 ウォルター・アイザックソン/土方 奈美
出版社 文藝春秋
出版日 2019年03月29日

《商品紹介》人類の、自然の、宇宙の秘密を、いつも知りたかった。死者の顔の皮膚を切り取り、筋肉を研究したことであのえもいわれぬ「モナリザ」の微笑みを生み出した。「最後の晩餐」で試みたのは、単純な遠近法だけではない。彼の真髄を理解するには、「科学」が絶対に必要なのだ。没後五百年の歳月を経て、初めて明かされる制作意図。誰も知らなかったダ・ヴィンチのすべてがここに。

第7位 『EXIT 脱出:ザ・ブック ダ・ヴィンチ学園の謎』

EXIT 脱出:ザ・ブック ダ・ヴィンチ学園の謎

著者 アンナ・マイバッハ/インカ&マルクス・ブラント
出版社 KADOKAWA
出版日 2018年11月29日

《商品紹介》失踪した上級生。消えた学園の資金。すべての答えは、この密室を解いた先にある。世界中で話題沸騰!!大ヒット脱出ゲームが書籍化!ストーリーを追い、謎を解け!ドイツ年間ゲーム大賞2017上級部門受賞。EXITシリーズ最新作。

第8位 『美術で綴る西洋思想』

美術で綴る西洋思想

著者 門屋秀一
出版社 晃洋書房
出版日 2018年08月

《商品紹介》15世紀のダ・ヴィンチから20世紀のマックス・ヴェーバーまでの15人の思想家を、西洋思想、キリスト教、西洋美術の3つの切り口から綴る。その背景となる社会状況と関連する思想家も取り上げ、初学者から専門家まで幅広く役立つ一冊。前著『美術で綴るギリシアの宗教と思想』に続くシリーズ第4作!

第9位 『ダ・ヴィンチ絵画の謎』

ダ・ヴィンチ絵画の謎

著者 斎藤泰弘
出版社 中央公論新社
出版日 2017年03月

《商品紹介》誰もが知っている『モナリザ』。しかし、よくよく見ればさまざまな謎に満ちている。モデルは誰か、なぜ微笑を湛えているのか。なぜ左右の背景はつながっていないのか、そもそもなぜこんなに荒涼とした風景なのか…。鏡文字で書かれたダ・ヴィンチの手稿を研究し、彼の抱く世界観を知悉する著者が、俗説を退けながら、現存する主要な絵画のテーマや来歴について、ダ・ヴィンチ自身のものの見方に立って解読する。

第10位 『レオナルド・ダ・ヴィンチの「解剖手稿A」』

レオナルド・ダ・ヴィンチの「解剖手稿A」

著者 マーティン・クレイトン/ロン・フィロ
出版社 グラフィック社
出版日 2018年05月

《商品紹介》難解といわれる「解剖手稿A」が見やすく理解しやすくなって登場!!天才レオナルド・ダ・ヴィンチの偉業を紐解く素描集!

第11位 『ダ・ヴィンチと僕の時間旅行 運命の刻』

ダ・ヴィンチと僕の時間旅行 運命の刻

著者 花夜 光/松本 テマリ
出版社 講談社
出版日 2018年08月04日

《商品紹介》現代人の柏木海斗が時空を超え、遙か五百年以上もの過去ールネサンス期のフィレンツェに飛ばされてから、一年余りの時が過ぎた。「メディチ家のジュリアーノ」ぶりも板につき、海斗はこの時代に馴染みつつあった。一方、本物のジュリアーノは海斗と入れ替わるように現代へ渡り、混乱の日々を過ごしていた。海斗は友人になった若きレオナルド・ダ・ヴィンチと共に、現代へ戻る方法を模索するが…。

第12位 『もっと知りたいレオナルド・ダ・ヴィンチ 改訂版』

もっと知りたいレオナルド・ダ・ヴィンチ 改訂版

著者 裾分 一弘
出版社 東京美術
出版日 2018年02月28日

第13位 『司馬江漢 「江戸のダ・ヴィンチ」の型破り人生』

司馬江漢 「江戸のダ・ヴィンチ」の型破り人生

著者 池内 了
出版社 集英社
出版日 2018年10月17日

《商品紹介》遠近法を先駆的に取り入れた天才画家にして、地動説を人々に紹介した科学者でもあり、かつ文筆家。「江戸のダ・ヴィンチ」とでも呼ぶべき才人・司馬江漢は、その華々しい業績と生前の知名度に反して、現代ではあまり知られることのない人物である。本書は、そんな江漢に関する種々の記録を丹念に読み解き、没後二〇〇年に、その破天荒な人生の全体像を描き出そうと試みた決定的評伝である。彼が遺した膨大な絵画やスケッチなども、選り抜いて掲載している。

第14位 『ダ・ヴィンチと僕の時間旅行』

ダ・ヴィンチと僕の時間旅行

著者 花夜 光/松本 テマリ
出版社 講談社
出版日 2018年06月06日

《商品紹介》高校生の柏木海斗は、母の故郷フィレンツェを旅行中に何者かに襲撃され、水に落ちてしまった。ところが次に目覚めたとき、なぜか見知らぬ者たちから「メディチ家のジュリアーノ様」と呼ばれる身に。信じられないことだが海斗は五百年もの時を超え、自分とよく似た若者と入れ替わってしまったようなのだ。どうやったら現代に戻れるのか、悩む海斗の前に現れたのは、なんと若きレオナルド・ダ・ヴィンチで…!?

第15位 『DaVinci Resolve カラーグレーディングBOOK』

DaVinci Resolve カラーグレーディングBOOK

出版社 玄光社
出版日 2018年02月15日

《商品紹介》映像の色をコントロールして思い通りの世界観を創る。ソフトの基本操作と基礎知識も解説。7人のクリエイターのグレーディング工程を一挙公開!

第16位 『失われた福音』

失われた福音

著者 シンハ・ヤコボビッチ/バリー・ウィルソン
出版社 桜の花出版
出版日 2016年11月

《商品紹介》『失われた福音』とは、旧約聖書偽典に属する『ヨセフとアセナト』(ギリシャ語)のシリア語版であり、英国図書館に収蔵されている古文書のこと。『キリストの棺ー世界を震撼させた新発見の全貌』の共著者で、映画監督でもあるシンハ・ヤコボビッチと、初期キリスト教に関する研究者バリー・ウィルソンが、長く眠っていた古文書に光を当て、その謎を読み解いていくノンフィクション。『ヨセフとアセナト』の起源は新約聖書成立と同時代の紀元前後とみられる。ヨセフとは、旧約聖書の創世記に登場し、イスラエル人を大飢饉から救った人物。『ヨセフとアセナト』では、その妻アセナトが、熱心な偶像崇拝者から、ヨセフの妻にふさわしい女性に変身していく過程が描かれている。第二神殿時代のユダヤ教を専門とするニッケルスバーグが促したように、キリスト教の寓意的解釈に基づく解釈を試みた、研究史上、待望の書と言える。また、ギリシャ語版にはない部分を含み、興味深い。シリア語圏のキリスト教では、伝統的に、イエス・キリストの神性よりも人性が重んじられており、『ヨセフとアセナト』の物語は、イエスとマグダラのマリアとの結婚を強調する物語として読まれていたと、著者は解説している。

第17位 『【謝恩価格本】新・人と歴史 拡大版 03 レオナルド=ダ=ヴィンチ ルネサンスと万能の人』

【謝恩価格本】新・人と歴史 拡大版 03 レオナルド=ダ=ヴィンチ ルネサンスと万能の人

著者 西村貞二
出版社 清水書院
出版日 2017年03月10日

《商品紹介》西洋絵画史における最大の芸術家、独創的な科学者・技術者としてのレオナルド=ダ=ヴィンチの名は、あまりにもよく知られているが、かれが歩んだ苦難の道はそれほど知られていない。はなやかなルネサンス文化のかげに権謀の渦まく政治界や混沌とした社会のなかで、レオナルドはいかに自己を発見し形成したか?本書は、ルネサンス史の精通者たる著者が、レオナルドの謎にみちた生涯を、かれ自身から、かれの背景にある社会から解明する。

第18位 『【バーゲン本】ダ・ヴィンチ 万能の表現者』

【バーゲン本】ダ・ヴィンチ 万能の表現者

著者 フランチェスカ・デボリーニ
出版社 (株)昭文社
出版日

第19位 『レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿を解読する』

レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿を解読する

著者 フリッチョフ・カプラ/千葉啓恵
出版社 一灯舎
出版日 2016年12月

《商品紹介》レオナルド・ダ・ヴィンチは、何十もの驚くべき発見をし、流体力学や理論植物学、空気力学、発生学などの全く新しい分野を切り開いた。著者は、レオナルドの有名な手稿を読み返すうちに彼が先駆的なシステム思想家でもあったことに気づき、この新しい視点から見たレオナルドの全科学的業績について、徹底的に踏み込んだ調査を行った。そして本書で、レオナルドの科学は生きている形態や性質、パターンの科学であり、200年後に登場した機械論的な科学とは根本的に異なっていること、レオナルドがすべての生命の不変性に敬意を払うとともに、すべての自然現象に根本的な相互依存性があることを認識し、ミクロコスモス(人間)とマクロコスモス(生きている地球)を結びつけたことを明らかにしている。また、レオナルドの研究をガリレオやニュートン、さらに現代科学と比較することによって、レオナルドの先見性やレオナルドの科学が現代社会にとって持つ意を考察している。

第20位 『レオナルド・ダ・ヴィンチぬり絵ブック(vol.2)』

レオナルド・ダ・ヴィンチぬり絵ブック(vol.2)

出版社 ゴマブックス
出版日 2016年08月

《商品紹介》多くの傑作を生みだした万能の天才ダ・ヴィンチ!その緻密な絵の世界に、色を添えるのはあなた!大傑作かつ歴史的名画の「最後の晩餐」をはじめ、「キリストの洗礼」「リッタの聖母子」「受胎告知」などのぬり絵を収録!

第21位 『【バーゲン本】ダ・ヴィンチ物語 上下』

【バーゲン本】ダ・ヴィンチ物語 上下

著者 ドミートリー・メレシコフスキー
出版社 (株)英知出版
出版日

第22位 『天才を生んだ孤独な少年期』

天才を生んだ孤独な少年期

著者 熊谷高幸
出版社 新曜社
出版日 2015年03月

《商品紹介》天才の少年期には共通する「心の癖」があった。自閉症から日本語まで幅広い視点で研究する著者が、脳科学の発見も取り入れ天才たちの人生をたどりなおす、新しい天才論!

第23位 『メディカルチームレディ・ダ・ヴィンチの診断(前編)』

メディカルチームレディ・ダ・ヴィンチの診断(前編)

著者 田中眞一/長谷川徹
出版社 宝島社
出版日 2016年11月

《商品紹介》手術中に見える幻覚に悩まされ、メスを置いた脳神経外科医の橘志帆は、東光大学病院「解析診断部」に招かれる。原因不明の病を突き止めるべく創設された、“患者の最後の砦”となる専門部門だった。集まった七人の女性医師は曲者ぞろい。彼女たちは医師として女として人として、ぶつかり合いながらも患者に向き合い、病の謎を解明していくー。そして幻覚に苦しむ志帆の閉ざされた過去とは?

第24位 『僕はダ・ヴィンチ』

僕はダ・ヴィンチ

著者 ヨースト・カイザー/クリスティナ・クリストフォロウ
出版社 パイインターナショナル
出版日 2016年04月

第25位 『レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き』

レオナルド・ダ・ヴィンチの秘密 天才の挫折と輝き

著者 コスタンティーノ・ドラッツィオ/上野 真弓
出版社 河出書房新社
出版日 2016年07月25日

《商品紹介》巨匠の人生と作品を知る知的冒険の旅へ、ようこそ!謎多き天才の生涯を絵画作品を追いながら最新の情報とともに生き生きと物語った決定版!

第26位 『ビジュアル ダ・ヴィンチ全記録』

ビジュアル ダ・ヴィンチ全記録

著者 ビューレント・アータレイ/キース・ワムズリー
出版社 日経ナショナルジオグラフィック社
出版日 2013年04月

《商品紹介》絵画作品17点、素描82点、関連図版135点を収録。時系列でダ・ヴィンチの生涯を丁寧に追う。各作品のテーマ、技術、秘話、謎をコラムでさらに詳しく解説。紛失・盗難・再発見など、各作品の来歴も紹介。ルネサンスという時代背景も理解できる。

第27位 『レオナルド・ダ・ヴィンチ論全三篇』

レオナルド・ダ・ヴィンチ論全三篇

著者 ポール・ヴァレリー/恒川邦夫
出版社 平凡社
出版日 2013年12月

《商品紹介》最新の草稿研究にもとづく新訳に詳細な訳注と解説。ルネサンスの「卓越した精神」に瞠目したヴァレリーの思索が、数度の加筆を経て、独自の芸術論・思想論として深化していく様を明らかにした決定版。批評精神の終わりなき旅。

第28位 『レオナルド・ダ・ヴィンチ』

レオナルド・ダ・ヴィンチ

著者 レオナルド・ダ・ヴィンチ/パトリシア・エミソン
出版社 西村書店(新潟)
出版日 2014年09月03日

第29位 『ダ・ヴィンチ封印《タヴォラ・ドーリア》の500年』

ダ・ヴィンチ封印《タヴォラ・ドーリア》の500年

著者 秋山敏郎
出版社 論創社
出版日 2013年09月

《商品紹介》チェーザレ・ボルジアとマキアヴェッリが成立に関与した「代表作」は、ナポレオン、ムッソリーニの計謀で彷徨いはじめ、戦後は行方不明となる…。世界美術史上「最大の謎」に迫るドキュメント!

第30位 『ダ・ヴィンチ・コード(中)』

ダ・ヴィンチ・コード(中)

著者 ダン・ブラウン/越前 敏弥
出版社 KADOKAWA
出版日 2006年03月10日

《商品紹介》館長が死の直前に残したメッセージには、ラングドンの名前が含まれていた。彼は真っ先に疑われるが、彼が犯人ではないと確信するソフィーの機知により苦境を脱し、二人は館長の残した暗号の解読に取りかかる。フィボナッチ数列、黄金比、アナグラム…数々の象徴の群れに紛れたメッセージを、追っ手を振り払いながら解き進む二人は、新たな協力者を得る。宗教史学者にして爵位を持つ、イギリス人のティービングだった。