グループホーム おすすめの本

2018-01-14

第1位 『グループホームの作り方』

グループホームの作り方

著者 仲本靜子
出版社 創風社
出版日 2017年11月

第2位 『事例で学ぶグループホーム計画書のつくりかた改訂版』

事例で学ぶグループホーム計画書のつくりかた改訂版

著者 貝塚誠一郎
出版社 日本医療企画
出版日 2015年05月

第3位 『在宅・施設での看取りのケア』

在宅・施設での看取りのケア

著者 宮崎和加子/竹森志穂
出版社 日本看護協会出版会
出版日 2016年06月

第4位 『介護保険事業運営の手引 小規模多機能・グループホーム編 四訂版』

介護保険事業運営の手引 小規模多機能・グループホーム編 四訂版

著者 介護保険事業運営の手引編集委員会
出版社 中央法規出版
出版日 2015年11月11日

《商品紹介》介護保険法等の一部改正、平成27年度介護報酬改定に完全対応!!小規模多機能型居宅介護・グループホームの指定基準、介護報酬、さらにQ&Aを幅広く収載。

第5位 『障害者グループホームと世話人』

障害者グループホームと世話人

著者 宮本秀樹
出版社 生活書院
出版日 2016年07月

《商品紹介》人が人を支援するということの基本的な見方とはどういうものなのだろうか?障害者グループホームとそこで働く世話人たち。その歴史的経緯や専門性について詳述した第1部と、聞き取り調査による“世話人の生の声”を素材に、その声を対人支援的な視点・立場で考察した第2部、今後の方向性を模索する第3部で構成。聞き取り者である“私の経験”と“世話人の言葉”とをつなぎ合わせる中から、日々紡がれる“支援の風景”を丁寧に掬い取ろうと試みた労作!

第6位 『認知症ストーリー・ケア』

認知症ストーリー・ケア

著者 渡辺哲雄
出版社 中日新聞社
出版日 2015年10月

《商品紹介》母親の介護に懸命に取り組んで得た方法論。著者はアルツハイマー型認知症を発症した母親のケアに取り組んできた。その際にくふうしたのが、会話の流れで患者本人の自発的な意思を引き出す「ストーリー・ケア」の考え方だ。本書では、診断からグループホーム入居までのエピソードを短い小説形式で描き、場面ごとに具体的な対応の仕方を解説。認知症ケアの実践的なノウハウが分かる内容になっている。

第7位 『知的障害福祉政策にみる矛盾』

知的障害福祉政策にみる矛盾

著者 角田慰子
出版社 ぷねうま舎
出版日 2014年02月

《商品紹介》日本の知的障害福祉政策にみる矛盾を、歴史的に検証する。当事者の地域生活を支える政策と法制度はどうあるべきなのか。グループホーム制度化の過程を歴史的に検討し、今後へと踏み出すべき方向を探る。

第8位 『認知症ケアのプランと実践』

認知症ケアのプランと実践

著者 佐仲由加/長谷憲明
出版社 ひかりのくに
出版日 2012年10月30日

第9位 『ライフサポートワーク実践テキストブック』

ライフサポートワーク実践テキストブック

著者 ライフサポートワーク推進委員会
出版社 中央法規出版
出版日 2010年09月

《商品紹介》本人・家族・スタッフ・地域が一体となれる新たな様式「ライフサポートワーク」。本書では、様式の解説から実際の作成方法をわかりやすくまとめている。

第10位 『グループホームをはじめよう!』

グループホームをはじめよう!

著者 草地真
出版社 ぱる出版
出版日 2011年04月

《商品紹介》これからますます必要となる地域密着“ホーム”の始め方・運営法。グループホームの歴史と基礎知識。介護保険のなかでの位置づけと・施設基準。地域のなかでどう開かれたホームを作るかが成否のカギとなる。

第11位 『りっぴさんと過ごした4012日』

りっぴさんと過ごした4012日

著者 加藤惠美子
出版社 幻冬舎メディアコンサルティング
出版日 2017年04月

《商品紹介》歩んできた人生も、価値観もまったく違う、決して交わることのなかった人々。一匹の犬との触れ合いの中で、互いに認め合い、それぞれの人生と向きあっていく。セラピー犬、りっぴさんが一生をかけて伝えたかったメッセージの意味を知ったとき、誰もがきっとやさしくなれるー。人と犬の切なくも温かい、涙溢れる感動の実話。

第12位 『鍵をかけないケア』

鍵をかけないケア

著者 山城裕美
出版社 木星舎
出版日 2017年05月

《商品紹介》「あるがままに楽しくゆったりと」この家訓を守り、守られながら、入居者とともに歩いた16年。笑って、泣いて、叱られて、汗を流して、手をつなぐ…、鍵をかけないケアの実践、認知症ってなんだろう?人として向き合った時、世界はこんなにも豊かになる。

第13位 『東京認知症高齢者グループホーム白書』

東京認知症高齢者グループホーム白書

出版社 東京都社会福祉協議会
出版日 2010年01月

第14位 『グループホーム豊かな暮らし第2版』

グループホーム豊かな暮らし第2版

著者 辰村泰治/吉江まさみ
出版社 やどかり出版(さいたま)
出版日 2007年09月

第15位 『認知症ケアのブリーフコーチング入門』

認知症ケアのブリーフコーチング入門

著者 荒木重嗣
出版社 ヘルス・システム研究所
出版日 2012年12月

第16位 『認知症高齢者中庭のあるグループホーム』

認知症高齢者中庭のあるグループホーム

著者 卯月盛夫
出版社 萌文社
出版日 2009年05月

第17位 『グループホーム読本』

グループホーム読本

著者 外山義
出版社 ミネルヴァ書房
出版日 2000年03月

《商品紹介》本書では、痴呆性高齢者のケアの形として、近年注目を集めているグループホームに関する国内の最も新しい情報のみならず、今後のあるべき姿、そしてさらに日本に15年先駆けて痴呆性高齢者グループホームを導入したスウェーデンの直近の情報をご紹介します。

第18位 『介護保険指定高齢者介護施設ガイドブック(近畿版)』

介護保険指定高齢者介護施設ガイドブック(近畿版)

著者 介護施設研究会
出版社 恒心社出版
出版日 2004年12月10日

第19位 『介護保険指定高齢者介護施設ガイドブック(中部版)』

介護保険指定高齢者介護施設ガイドブック(中部版)

著者 介護施設研究会
出版社 恒心社出版
出版日 2005年07月30日

《商品紹介》本書は、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、および痴呆対応型共同生活介護施設(グループホーム)を都道府県ごとに収載した。

第20位 『生き返る痴呆老人』

生き返る痴呆老人

著者 宮崎和加子/日沼文江
出版社 筑摩書房
出版日 2003年04月

《商品紹介》東京下町にある一軒のグループホームー。9人の入居者とスタッフが織り成す笑顔の絶えない日常を通し、「痴呆」とは何か、「介護」とは何かを、あらためて考える。

第21位 『グループホームの人生模様』

グループホームの人生模様

著者 川上正夫
出版社 金剛出版
出版日 2010年02月

第22位 『グループホームにおける認知症高齢者ケアと質の探究』

グループホームにおける認知症高齢者ケアと質の探究

著者 永田千鶴
出版社 ミネルヴァ書房
出版日 2009年03月

《商品紹介》たとえ認知症になっても、地域や家庭、施設で尊厳を保ちながら自分らしく暮らすことができるように、質の高いケアが求められている。そのためには、多様で個別的なケアプロセスの質が、的確に評価されねばならない。本書では、認知症高齢者グループホームをフィールドとして、利用者家族の意向をも含む現場の思想・実践に基づくデータを集め、ケアプロセスの質評価を目的としたガイドラインを作成し、その妥当性を検証した。

第23位 『グループホームケア』

グループホームケア

著者 中島紀恵子/中島紀恵子
出版社 日本看護協会出版会
出版日 2001年10月

第24位 『グループホームは老いをつつむ心の縁側』

グループホームは老いをつつむ心の縁側

著者 西村美智代
出版社 近代出版(東京)
出版日 2000年04月

《商品紹介》住みなれた街で痴呆のお年寄りと普通に暮らす。2つのグループホームの誕生にたずさわった著者が、痴呆のお年寄りの問題にどう取り組むか、グループホームとは何かについて暖かいまなざしで書き下ろした。

第25位 『グループホーム豊かな暮らし』

グループホーム豊かな暮らし

著者 辰村泰治
出版社 やどかり出版(さいたま)
出版日 2002年10月

第26位 『未来への約束』

未来への約束

著者 箕輪一美
出版社 ごま書房新社
出版日 2004年08月

《商品紹介》グループホームとは、障害者や老人など、一人では往きにくい人たちの生活を支援する場です。彼らは社会から置き去りにされたまま、ときには家族にも見捨てられ、放置されていました。また家族の愛に気づけない人もいます。私は彼らに何らかの手助けが必要だと気づき、PWLをスタートさせることにしたのです。-中略ー家族の愛に恵まれない彼らも、ここでは大勢の仲間たちとともに、ときには仕事に悩み、恋をし、スポーツに挑戦し、家族の絆を模索しながら、日々を暮しています。本書ではそんな彼らの青春の姿を紹介しています。