VERILOG|初心者向け おすすめの本

2018-01-14

第1位 『超入門!FPGAスタータ・キットDE0で始めるVerilog HDL』

超入門!FPGAスタータ・キットDE0で始めるVerilog HDL

著者 芹井滋喜
出版社 CQ出版
出版日 2011年08月

《商品紹介》すぐ始められる。USB対応、書き込み器不要、大容量FPGA搭載。

第2位 『Verilog HDL&VHDLテストベンチ記述の初歩』

Verilog HDL&VHDLテストベンチ記述の初歩

著者 安岡貴志
出版社 CQ出版
出版日 2010年10月

《商品紹介》本シリーズでは、技術のボーダレス化が進む時代の設計・開発手法やデバイス要素技術、システム構築技術について、ていねいに解説します。

第3位 『Verilog HDLによるシステム開発と設計』

Verilog HDLによるシステム開発と設計

著者 高橋隆一
出版社 共立出版
出版日 2008年11月

第4位 『わかるVerilog HDL入門改訂新版』

わかるVerilog HDL入門改訂新版

著者 木村真也
出版社 CQ出版
出版日 2006年07月01日

第5位 『入門Verilog HDL記述改訂』

入門Verilog HDL記述改訂

著者 小林優
出版社 CQ出版
出版日 2004年06月

《商品紹介》Verilog HDLやVHDLによる設計はもはや日常となり、HDLに代わると言われるC言語ベースの設計例も報告されるようになってきました。本書の初版もVerilog HDLによる設計のための入門書として多くの読者に支持されてきました。本書の内容は、Verilog HDLによる設計のれい明期に著者が会得した内容を整理し、1冊にまとめたものです。著者の主な業務が、設計から(広義の)コンサルティングに変わり、多くの設計事例や記述例を見るに至り、本書の内容にひとりよがりで思い込みの部分が少なからず目に付いてきました。そこで、半導体理工学研究センター(STARC)が策定した「設計スタイルガイド」に準拠して、本書の記述例や解説を見直しました。

第6位 『SystemVerilog設計スタートアップ』

SystemVerilog設計スタートアップ

著者 Design wave magazine
出版社 CQ出版
出版日 2008年05月

《商品紹介》システムLSIやASIC(application specific integrated circuit)、FPGA(field programmable gate array)といったディジタルLSIの設計に欠かせないハードウェア記述言語(HDL)の業界標準として、Verilog HDLが広く利用されている。このVerilog HDLをベースに、設計、検証、モデリングの各機能を強化した言語がSystemVerilog(IEEE 1800)である。具体的には、構文を改良して記述量を削減しやすくなった。また、アサーションや制約付きランダム・テスト生成といった大規模LSIの検証に必要な機能が追加された。本書では、SystemVerilogの構文やVerilog HDLとの違い、実際のサンプル記述、シミュレータを利用した設計・検証の手順などについて解説する。

第7位 『VHDLとVerilogプログラミングの基礎』

VHDLとVerilogプログラミングの基礎

著者 ナザ・M.ボトロス/鎌田芳郎
出版社 ビ-・エヌ・エヌ新社
出版日 2007年10月

第8位 『図解Verilog HDL実習』

図解Verilog HDL実習

著者 堀桂太郎
出版社 森北出版
出版日 2006年12月

《商品紹介》ディジタル回路を設計するための考え方やハードウェア記述言語の概要などの基礎から、実際の設計まで、豊富な図版や例題を通して解説。

第9位 『ディジタル論理回路・機能入門』

ディジタル論理回路・機能入門

著者 鈴木八十二
出版社 日刊工業新聞社
出版日 2007年07月

第10位 『FPGAボードで学ぶVerilog HDL』

FPGAボードで学ぶVerilog HDL

著者 井倉将実
出版社 CQ出版
出版日 2007年01月

第11位 『設計言語Verilog-HDL入門』

設計言語Verilog-HDL入門

著者 ドナルド・E.トマス/フィリップ・R.モアビ
出版社 培風館
出版日 1995年06月30日

《商品紹介》近年ASIC設計において、爆発的に増大する複雑さを克服するために、ハードウェア記述言語(HDL)を駆使した手法が不可欠になろうとしている。Verilogは、いまほとんどの半導体ベンダーがASICの開発設計に採用し、最も発展しつつある設計言語である。この言語は、初期の概念設計段階における動作レベルから、設計工程後半の構造記述レベルまでをサポートし、階層記述によって複雑な設計にも対応できる優れた機能を有している。本書はそのVerilog発案者らにより著された本格的な入門書である。