GIMP|初心者向け おすすめの本

2018-01-14

第1位 『すぐに作れるずっと使えるGIMPのすべてが身に付く本』

すぐに作れるずっと使えるGIMPのすべてが身に付く本

著者 土屋徳子
出版社 技術評論社
出版日 2018年10月

《商品紹介》チュートリアル+リファレンスで思い通りに使いこなせる!丁寧な解説ではじめての人でも絶対に迷わない。機能をとことん網羅、知りたい操作が必ず見つかる。基本的なレタッチや作品作りの方法もやさしくわかる。

第2位 『はじめての無料で使えるフォトレタッチGIMP2.10対応』

はじめての無料で使えるフォトレタッチGIMP2.10対応

著者 羽石 相
出版社 秀和システム
出版日 2019年03月19日

《商品紹介》思い通りにレタッチできる。写真の補正や合成まで詳解。便利な索引・用語集付。

第3位 『できるクリエイターGIMP 2.8独習ナビ』

できるクリエイターGIMP 2.8独習ナビ

著者 ドルバッキーヨウコ/オブスキュアインク
出版社 インプレスジャパン
出版日 2013年02月

《商品紹介》3ステップで基本が学べる。2.8で大きく進化した無料&最強のグラフィックソフトを完全解説。

第4位 『建築のためのGIMP』

建築のためのGIMP

著者 デジタルスケッチ倶楽部
出版社 エクスナレッジ
出版日 2015年08月

第5位 『最高の建築パースを描く方法最新版』

最高の建築パースを描く方法最新版

著者 デジタルパースを考える会
出版社 エクスナレッジ
出版日 2012年05月

第6位 『GIMPのドリル!』

GIMPのドリル!

著者 長谷川アンナ
出版社 ソシム
出版日 2009年12月

第7位 『GIMP2.8レタッチガイド』

GIMP2.8レタッチガイド

著者 タナカヒロシ
出版社 工学社
出版日 2014年09月

《商品紹介》「GIMP」は、オープンソースの「総合グラフィックツール」。優れた機能をもちながらも、無料で利用できるため、プロユーザーから、アマチュアまで幅広い世代に愛用されています。本書は、インストールやインターフェイスなどの基本からはじめて、レタッチテクニックを具体的に解説しています。

第8位 『ビギナーのためのGIMP 2』

ビギナーのためのGIMP 2

著者 Kome
出版社 工学社
出版日 2008年09月

《商品紹介》「Mac OS X」や「Windows」上でGIMPを活用して写真を編集加工するためのテクニックを中心に、イラストやロゴ制作など、広範に渡る機能を紹介。

第9位 『GIMP/GNUPLOT/Tgifで学ぶグラフィック処理』

GIMP/GNUPLOT/Tgifで学ぶグラフィック処理

著者 皆本晃弥/坂上貴之
出版社 サイエンス社
出版日 1999年12月25日

《商品紹介》本書は、Tgif、GNUPLOT、GIMPの基本的な操作を解説したグラフィックツールの入門書です。これらは、主にLinux、FreeBSD、SolarisといったUNIX上で動作します。最近では、レポートや研究発表には、グラフ化や図形描画による可視化が欠かせなくなってきました。また、インターネットの普及に伴い、個人でホームページを持てるようになり、自分できれいなロゴを作成したり自分で加工した写真を掲載したいと思っている人も多くいることでしょう。Tgif、GNUPLOT、GIMPを使うとこれらのことを手軽に実現することができます(これらのソフトがすべて無料で手に入れるという利点もあります)。そこで、本書の目的を「ソフトの基本操作を手っ取り早くマスターする」ということにしました。一度、基本操作さえ覚えてしまえば、興味が後押ししてくれ、さらに高度な操作ができるようになるものです。

入門書GIMP

Posted by info