21世紀の資本|初心者向け おすすめの本

2018-03-04

第1位 『21世紀の資本』

21世紀の資本

著者 トマ・ピケティ/山形浩生
出版社 みすず書房
出版日 2014年12月

《商品紹介》資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す。本書の唯一の目的は、過去からいくつか将来に対する慎ましい鍵を引き出すことだ。

第2位 『マンガですぐわかる!ピケティと21世紀の資本論』

マンガですぐわかる!ピケティと21世紀の資本論

著者 安部徹也
出版社 SBクリエイティブ
出版日 2015年05月01日

《商品紹介》世界的ベストセラーのエッセンスと格差の中で生きるヒントを解説!

第3位 『DVD>『21世紀の資本』に見る研究結果』

DVD>『21世紀の資本』に見る研究結果

出版社 メディアリンクス
出版日 2016年09月

第4位 『OD>トマ・ピケティ『21世紀の資本論』を30分で理解する!』

OD>トマ・ピケティ『21世紀の資本論』を30分で理解する!

著者 週刊東洋経済編集部
出版社 東洋経済新報社
出版日 2018年07月06日

第5位 『人工知能と21世紀の資本主義』

人工知能と21世紀の資本主義

著者 本山美彦
出版社 明石書店
出版日 2015年12月

《商品紹介》AI、ビッグデータ、ビットコイン…。爆発的なITテクノロジーの進展によって世界を呑み込むサイバー空間は、新自由主義のラスト・フロンティアだ。シンギュラリティ(技術的特異点)の先に待ち受けるのは「勝ち組」たちのユートピアではないのか。著者渾身のサイバー・リバタリアン批判!

第6位 『図解ピケティの「21世紀の資本」』

図解ピケティの「21世紀の資本」

著者 永濱利廣
出版社 イースト・プレス
出版日 2015年05月

《商品紹介》日本版が2014年暮れに発売された『21世紀の資本』は、その解説本も数多く出版されていますが、一部をピックアップしただけの本や、ピケティの名前を利用して自分の理論を世にアピールしようとする本が多く、全体を解説した本はほとんどありません。そのような観点から、本書では原著に忠実に全体を解説していくことにしました。あわせて、日本における格差問題やアベノミクスの評価について独自の解説を加えました。

第7位 『銀座・資本論 21世紀の幸福な「商売」とはなにか?』

銀座・資本論 21世紀の幸福な「商売」とはなにか?

著者 渡辺 新
出版社 講談社
出版日 2015年03月24日

《商品紹介》マルクスもピケティも銀座の商いを知らない。「ていねいでこまめで濃い商い」こそ、これからの時代を生き抜く武器になる!

第8位 『1分間ピケティ』

1分間ピケティ

著者 西村克己
出版社 SBクリエイティブ
出版日 2015年04月13日

《商品紹介》全世界が注目するピケティ「21世紀の資本論」がたった1分でわかる!

第9位 『二十一世紀の資本主義論』

二十一世紀の資本主義論

著者 岩井克人
出版社 筑摩書房
出版日 2006年07月

《商品紹介》グローバル市場経済にとっての真の危機とは、金融危機や恐慌ではない。基軸通貨ドルの価値が暴落してしまうグローバルなハイパー・インフレーションである。しかし、自由を知ってしまった人類は好むと好まざるとにかかわらず、資本主義の中で生きていかざるをえない。21世紀の資本主義の中で、何が可能であり、何をなすべきかを考察し、法人制度や市民社会のあり方までを問う先鋭的論考。

第10位 『オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ』

オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ

著者 造事務所/薮下史郎
出版社 廣済堂出版
出版日 2015年04月

《商品紹介》広がる格差社会にどう立ち向かうか?不平等な社会、不公正な制度をどう正すか?「本当の豊かさ」とは何か?こんな疑問に答えます。ピケティと『21世紀の資本』理解の決定版。

第11位 『ピケティ入門』

ピケティ入門

著者 竹信三恵子
出版社 金曜日
出版日 2014年12月

《商品紹介》格差社会ニッポンへの警鐘!!世界を震撼させたベストセラーから何を学ぶべきか。アベノミクスの正体を暴く!

第12位 『日本人のためのピケティ入門』

日本人のためのピケティ入門

著者 池田信夫
出版社 東洋経済新報社
出版日 2014年12月12日

《商品紹介》Q&A付で読みやすい。サブテキストとして最適。

第13位 『『21世紀の資本論』の問題点』

『21世紀の資本論』の問題点

著者 苫米地英人
出版社 サイゾー
出版日 2014年12月

《商品紹介》アメリカでベストセラーとなった経済書『21世紀の資本論』は「問題」だらけの内容だった!机上の空論に振り回されないための必須の知識を示しつつ、同書の正しい読み方を伝授する。

第14位 『見るだけでわかるピケティ超図解』

見るだけでわかるピケティ超図解

著者 神樹兵輔/21世紀ビジョンの会
出版社 フォレスト出版
出版日 2015年04月

《商品紹介》80点の図版で完全理解!世界的なベストセラーの重要なエッセンスを徹底凝縮!

第15位 『図解ピケティ入門』

図解ピケティ入門

著者 安田洋祐
出版社 彩図社
出版日 2015年05月

《商品紹介》15年以上かけて過去200年にわたるデータを収集、分析。資本主義の矛盾と格差拡大のメカニズムを明らかにした1冊!

第16位 『図解ピケティ入門』

図解ピケティ入門

著者 高橋洋一(経済学)
出版社 あさ出版
出版日 2015年03月

《商品紹介》「21世紀の資本」は経済をテーマにした歴史書だ!英語版“Capital in the Twenty-First Century”を読み、日本語版『21世紀の資本』を主席訳者山形浩生氏から献本された著者は、この本をどう読み解いたのかー。「21世紀の資本」のその先とは?日本語未翻訳のトマ・ピケティの論文(要約)掲載!

第17位 『毛沢東中華人民共和国と二十一世紀世界の資本主義と民主主義』

毛沢東中華人民共和国と二十一世紀世界の資本主義と民主主義

著者 本田良一
出版社 文芸社
出版日 2016年07月01日頃

第18位 『21世紀資本主義世界のフロンティア』

21世紀資本主義世界のフロンティア

著者 五味久壽/元木靖
出版社 批評社
出版日 2017年04月10日

第19位 『マルクス『資本論』の視点で21世紀世界経済危機の深部を探る』

マルクス『資本論』の視点で21世紀世界経済危機の深部を探る

著者 工藤晃/宮川彰
出版社 かもがわ出版
出版日 2017年01月11日

《商品紹介》現代資本主義は『資本論』の前提から外れるものとなっているが、同時に『資本論』の視点抜きには分析できない。経済学者としての半世紀にわたる探究の到達点を、それを導いた膨大な研究ノートとともに提示する。

第20位 『21世紀の『資本論』』

21世紀の『資本論』

著者 岩崎信彦
出版社 御茶の水書房
出版日 2015年08月03日

第21位 『21世紀の資本主義を読み解く』

21世紀の資本主義を読み解く

著者 橘木俊詔
出版社 宝島社
出版日 2015年02月

《商品紹介》ゼロ成長を肯定することこそ日本経済を潤す唯一の方法だ!再燃する格差論をわかりやすく解説!ピケティ格差論もくわしく解説!資本主義の本質と格差社会の課題がすぐにわかる!

第22位 『21世紀を豊かに生きるための資本主義学』

21世紀を豊かに生きるための資本主義学

著者 石毛宏
出版社 金融財政事情研究会
出版日 2016年09月14日

《商品紹介》論理、思想、歴史を一体で学ぶ等身大の“資本主義学”本邦初開講!

第23位 『ピケティ『21世紀の資本』を日本は突破する』

ピケティ『21世紀の資本』を日本は突破する

著者 増田悦佐
出版社 ビジネス社
出版日 2015年04月

《商品紹介》日本は資本格差も知的格差も世界一小さい国!そしてサービス業主導経済がこの国の指針となる!!強者の格差論に未来はない。欧米パワーエリートの本音が漏れる驚愕の弱者切り捨ての論理!日本のエリート、官僚たちがピケティほど怜悧な頭脳を持っていなくて良かった!?

第24位 『ふたたび「科学の目」を語る』

ふたたび「科学の目」を語る

著者 不破哲三
出版社 新日本出版社
出版日 2003年02月

第25位 『飲食店の開店出店・大成功する本』

飲食店の開店出店・大成功する本

著者 宇井義行
出版社 旭屋出版
出版日 2000年06月

《商品紹介》本書では、新しい時代にフィットした飲食店経営という視点から、お店のオープンに必要な実務・ノウハウを網羅してある。確実に成功するための方法論だけでなく、初めてチャレンジする人が失敗しがちな落とし穴についても、事例を挙げて解説した。