相対性理論|初心者向け おすすめの本

2018-01-14

第1位 『「超」入門 相対性理論 アインシュタインは何を考えたのか』

「超」入門 相対性理論 アインシュタインは何を考えたのか

著者 福江 純
出版社 講談社
出版日 2019年02月13日

《商品紹介》「主なる神は老獪だが、意地悪じゃない」「世界が理解できるという事実こそ、ひとつの奇跡だ」「誰もが自分の時間の河をもっている」アインシュタインの数々の言葉を入り口に、「相対性」とはどういうことか解説し、量子力学、曲がった空間、ブラックホール、宇宙の終焉までやさしく語る。おもわず目からウロコが落ちる、世界でいちばん分かりやすい「アインシュタイン」本!

第2位 『くらべてみると面白いほどよくわかる!【図解】相対性理論と量子論』

くらべてみると面白いほどよくわかる!【図解】相対性理論と量子論

著者 矢沢サイエンスオフィス/矢沢サイエンスオフィス
出版社 学研プラス
出版日 2018年02月20日

《商品紹介》光速不変、原爆の誕生、4次元空間、宇宙の始まり、重力波、ブラックホール、素粒子、M理論、コペンハーゲン解釈。2つの理論をやさしく解説!ニュートン力学から2大理論の統一への挑戦まで、21世紀の科学の流れと常識が一気にわかる!アインシュタイン理論がだれでもすぐわかる5ステップ。

第3位 『眠れなくなるほど面白い 図解 相対性理論』

眠れなくなるほど面白い 図解 相対性理論

著者 大宮 信光
出版社 日本文芸社
出版日 2018年01月26日

《商品紹介》宇宙・時間・空間のフシギ、偉大な理論のナゾに迫る!

第4位 『「相対性理論」を楽しむ本』

「相対性理論」を楽しむ本

著者 佐藤勝彦
出版社 PHP研究所
出版日 1998年12月

《商品紹介》本書は、一般的には難しいと思われがちな「相対性理論」を、数式や専門用語をできるだけ使わず、誰でもスラスラ理解できるように解説。「遅れる時間」「双子のパラドックス」「無から生まれた宇宙」など、謎と不思議に満ちあふれたアインシュタイン・ワールドへ、あなたを招待します。楽しいイラストとポイントが一目でわかる図解も満載で、10時間で理解できるように構成された画期的な入門書。

第5位 『世にも不思議で美しい「相対性理論」』

世にも不思議で美しい「相対性理論」

著者 佐藤 勝彦
出版社 実務教育出版
出版日 2017年06月14日

《商品紹介》“相対性理論”というメガネをかければ、世界の驚きの姿が見えてくる!

第6位 『マンガでわかる相対性理論』

マンガでわかる相対性理論

著者 新堂進/二間瀬敏史
出版社 SBクリエイティブ
出版日 2010年08月

《商品紹介》時間とはなにか?「過去から未来へと流れるもの」そして「誰にも平等に流れるもの」。それが時間だ。でも、ホントは違う。時間には、われわれの知らない「意外なヒミツ」が隠されていた。それを、初めて明らかにした。それが相対性理論だ。本書は、そんな相対性理論を、マンガでわかりやすく解説する。「難しい」とよくいわれるが、それは迷信。常識さえ捨てれば簡単なのだ。

第7位 『図解いちばんやさしい相対性理論の本』

図解いちばんやさしい相対性理論の本

著者 三澤信也
出版社 彩図社
出版日 2017年08月26日

第8位 『ゼロからわかる相対性理論』

ゼロからわかる相対性理論

出版社 ニュートンプレス
出版日 2019年01月21日

第9位 『相対性理論』

相対性理論

著者 小林 努
出版社 日本評論社
出版日 2017年08月22日

《商品紹介》論理の飛躍やブラックボックスを極力なくし、式変形の過程をていねいに見せる。身近なものや現象を出発点に話題を展開。数式だけでなく、文章や図で伝える工夫を凝らし、「なるほど!」と納得できる。

第10位 『一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する』

一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する

著者 石井 俊全
出版社 ベレ出版
出版日 2017年03月27日

《商品紹介》この本は、高校の数学・物理を履修した人向けに書かれています。まず、専門の内容に入る前に、数学、物理の準備をしましょう。次に、相対論を読むときの第一関門となる「テンソル」を具体的な計算をしながら説明します。直線のテンソルを分かったところで、いったん特殊相対性理論に進みます。次に直線のテンソルの話を曲線・曲面のテンソルに拡張し、その中で第二関門である「共変微分」をじっくりと説明します。最後に一般相対論のキーコンセプトとなる曲率の概念を手に入れれば、あとは一気に一般相対性理論を理解することができます。重力場の方程式の一番単純な解から、重力波の方程式までを解説します。

第11位 『ぷちマンガでわかる相対性理論』

ぷちマンガでわかる相対性理論

著者 山本将史/高津ケイタ
出版社 オーム社
出版日 2016年05月21日

第12位 『相対性理論新装版』

相対性理論新装版

著者 中野董夫
出版社 岩波書店
出版日 2017年12月

《商品紹介》空間・時間概念の歴史的変遷、ニュートン力学、光の性質を概観したうえで、特殊相対性と光速不変という2つの簡単な原理から導かれる特殊相対性理論を解説。さらに、19世紀後半に完成されたマクスウェル方程式が、アインシュタインの相対性原理を満たすことを示す。最後に、一般相対性理論の基礎概念を述べる。

第13位 『図で読み解く特殊および一般相対性理論の物理的意味』

図で読み解く特殊および一般相対性理論の物理的意味

著者 小林啓祐
出版社 日本評論社
出版日 2017年12月20日

第14位 『完全独習相対性理論』

完全独習相対性理論

著者 吉田 伸夫
出版社 講談社サイエンティフィク
出版日 2016年04月07日

《商品紹介》周囲に何もない無重力の宇宙空間を漂っているとき、自分が動いているか止まっているかを判定する方法はあるか。現在を過去・未来から区別するような物理的根拠はあるか。宇宙の全体的な構造を決めるグランドデザインはあるか…一般相対論までよくわかる!

第15位 『アインシュタインと相対性理論がよくわかる本』

アインシュタインと相対性理論がよくわかる本

著者 茂木健一郎
出版社 PHP研究所
出版日 2016年06月01日

《商品紹介》20世紀最大の発見といわれるアインシュタインの相対性理論は、何が真に革命的だったのか?お茶の間で人気の科学者が、「時間の遅れ」「物体の縮み」など、相対性理論のポイントを踏まえてわかりやすく解説する。また、著者自身が人生において大きな影響を受けたアインシュタインの思想の核心を、10の視点から捉えなおす。E=mc2はいかに導き出されたのか?

第16位 『MaRu-WaKaRiサイエンティフィック シリーズ 2 相対性理論』

MaRu-WaKaRiサイエンティフィック シリーズ 2 相対性理論

著者 ディビッド・マクマーホン/富岡 竜太
出版社 プレアデス出版
出版日 2016年11月22日

《商品紹介》難解な数学的構造をやさしく解き明かし、ブラックホール、宇宙論、初観測の重力波についても詳しく解説!

第17位 『Diracのγ行列と相対性理論』

Diracのγ行列と相対性理論

著者 嵐田源二
出版社 暗黒通信団
出版日 2016年07月06日

第18位 『大人が読みたいアインシュタインの話』

大人が読みたいアインシュタインの話

著者 石川憲二
出版社 日刊工業新聞社
出版日 2017年07月

《商品紹介》光への強いこだわりと人並みはずれた集中心で天才はつくられた!

第19位 『ひとりで学べる一般相対性理論 ディラックの記号法で宇宙の方程式を解く』

ひとりで学べる一般相対性理論 ディラックの記号法で宇宙の方程式を解く

著者 唐木田 健一
出版社 講談社サイエンティフィク
出版日 2015年12月19日

《商品紹介》物理学の頂を極める!重力の謎を解き明かし、宇宙の過去と未来を言い当てるー一般相対性理論は、現代物理学の展望美しい最高峰である。学習の山道を自分の足でしっかりと登りたい人に贈る、至高のガイドブック。

第20位 『重力(下)』

重力(下)

著者 ジェームズ・B.ハートル/牧野伸義
出版社 日本評論社
出版日 2016年06月21日

第21位 『「図解」相対性理論とブラックホール』

「図解」相対性理論とブラックホール

著者 佐藤勝彦
出版社 PHP研究所
出版日 2015年08月21日

第22位 『アインシュタインと相対性理論』

アインシュタインと相対性理論

著者 D・J・レイン/ないとうふみこ
出版社 玉川大学出版部
出版日 2015年12月22日

《商品紹介》アインシュタインは26歳のころに「特殊相対性理論」という新しい考えかたを発表して、それまでの物理学の世界に革命を起こした人物です。中学時代は「なにをやってもうまくいくとは思えない」といわれた天才の生涯にふれてみましょう。

第23位 『重力(上)』

重力(上)

著者 ジェームズ・B.ハートル/牧野伸義
出版社 日本評論社
出版日 2016年05月24日

第24位 『光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か』

光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か

著者 小山 慶太
出版社 講談社
出版日 2015年08月21日

《商品紹介》1665年、ペストの流行で閉鎖された大学を去り、孤独の中で次々と大発見を成し遂げたニュートン。それから240年後、特許庁で働きながらひとりで特殊相対性理論を作り上げたアインシュタイン。ともに孤独を愛し、研究に没頭することを好んだ二人の天才をとらえたテーマ「光」と「重力」を通して、彼らの思考にせまります。

第25位 『相対性理論のすべてがわかる本』

相対性理論のすべてがわかる本

著者 科学雑学研究倶楽部
出版社 学研プラス
出版日 2015年10月27日

《商品紹介》アインシュタインと相対性理論の名前は誰でも知っている。では、現代科学の基礎となったその理論は具体的にはどんな内容で、私たちの生活にどう影響しているのだろうか。相対性理論はいったい、世界の何を解き明かしたのか?高速で運動する物体は縮み、時間の流れ方は変動し、空間のゆがみが物質を飲み込む…人類の英知の結晶ともいえるその理論を、イメージと感覚でつかみ、宇宙と時間と空間の不思議に迫る。

第26位 『相対性理論』

相対性理論

著者 アルベルト・アインシュタイン/内山龍雄
出版社 岩波書店
出版日 2015年08月

第27位 『相対性理論の一世紀』

相対性理論の一世紀

著者 広瀬 立成
出版社 講談社
出版日 2014年09月11日

《商品紹介》「ニュートンよ許したまえ…」。二世紀以上にわたり絶対的権威として君臨してきたニュートン力学の常識を根底から覆したアインシュタイン。そのきっかけは、少年時代の「光を、光の速さで追いかけたらどうなるだろう」という疑問だった。最先端の物理学にまで大きな影響を及ぼす相対性理論の本質を、豊富なエピソードを交え、わかりやすく解説する。

第28位 『相対性理論』

相対性理論

著者 アルベルト・アインシュタイン/Teamバンミカス
出版社 イースト・プレス
出版日 2014年04月

第29位 『ブラックホール・膨張宇宙・重力波』

ブラックホール・膨張宇宙・重力波

著者 真貝寿明
出版社 光文社
出版日 2015年09月16日

《商品紹介》2015年は、アルベルト・アインシュタインが一般相対性理論を創り上げてから、ちょうど100年にあたる。一般相対性理論は20世紀の物理学を一変させたが、この理論が描く世界は、アインシュタイン自身の想像を超えるほど奇妙なものだった。誕生から今日までの100年の間に、一般相対性理論がどのように理解されてきたのかを俯瞰すると同時に、“ブラックホール”“膨張宇宙”“重力波”という、アインシュタイン自身が一度は拒否反応を示したものの、現在では研究の主流となっている3つのトピックを概観。現代物理学の知見は私たちに何をもたらすのかー。最新の研究成果を交えて探る。

第30位 『相対性理論』

相対性理論

著者 アルベルト・アインシュタイン/Teamバンミカス
出版社 イースト・プレス
出版日 2015年04月

《商品紹介》古代ギリシアの自然哲学にはじまり、長い歴史の中で科学技術を発達させてきた人類。その20世紀最高峰とも言われているアインシュタインの『相対性理論』によれば、光速に近づくほど我々の時間は遅れ、物体は縮むと言われているが…?この常識を覆すかのような理論がどのように導きだされたのか…?超難解な物理論文を漫画化。