独占禁止法|初心者向け おすすめの本

2018-01-14

第1位 『独占禁止法〔第3版〕』

独占禁止法〔第3版〕

著者 菅久 修一/品川 武
出版社 商事法務
出版日 2018年05月25日

《商品紹介》平成29年の流通・取引慣行ガイドラインの全面改正など、最新の実務をふまえた待望の改訂版。判決・命令、公取委運用実務で解説。

第2位 『条文から学ぶ 独占禁止法 第2版』

条文から学ぶ 独占禁止法 第2版

著者 土田 和博/栗田 誠
出版社 有斐閣
出版日 2019年04月05日

《商品紹介》独占禁止法を条文に沿って学べるテキスト。各条文の内容を、関連する判例・審決等を紹介しながら丁寧に解説。条文相互の関係や隣接他分野についても理解が深まるよう留意した。

第3位 『Q&A業務委託・企業間取引における法律と実務』

Q&A業務委託・企業間取引における法律と実務

著者 波光巖/横田直和
出版社 日本加除出版
出版日 2019年05月

第4位 『独占禁止法・下請法ー豊富な事例で分かる違反行為の判断基準と実務上の留意点ー』

独占禁止法・下請法ー豊富な事例で分かる違反行為の判断基準と実務上の留意点ー

著者 鈴木 満/神奈川県弁護士会独占禁止法研究会
出版社 第一法規
出版日 2019年02月19日

《商品紹介》公取委・裁判所がいかなる判断をしているかを300を超える事例から読み解く!多くの判審決事例を知ることができる独禁法・下請法に携わる実務家の必携書!

第5位 『独占禁止法』

独占禁止法

著者 金井 貴嗣/川濱 昇
出版社 弘文堂
出版日 2018年04月03日

《商品紹介》2014年改正の景品表示法の詳細な解説、日本音楽著作権協会事件・ブラウン管カルテル事件の最高裁判決をはじめとした新しい重要な判決・審決や流通・取引慣行ガイドラインの改正による実務の動きを盛り込んだ最新版。学習にも実務にも役立つ「経済法」の基本書。

第6位 『公取委実務から考える 独占禁止法』

公取委実務から考える 独占禁止法

著者 幕田 英雄
出版社 商事法務
出版日 2017年09月29日

《商品紹介》前公取委委員が事例、実例を豊富に取り上げ解説。「暗黙知」レベルまで掘り下げた説明で実務の背景がわかる。公取委の独禁法実務の正しい理解の手助けとなる1冊!

第7位 『サステナビリティ社会構築のための経済法』

サステナビリティ社会構築のための経済法

著者 山田 朋生
出版社 唯学書房
出版日 2018年08月30日

第8位 『事例で学ぶ独占禁止法』

事例で学ぶ独占禁止法

著者 鈴木 孝之/河谷 清文
出版社 有斐閣
出版日 2017年05月19日

《商品紹介》具体的な事例(裁判例・公取委事例に加え、ガイドラインや報告書等も広く扱う)を素材として用いつつ、単なる事例の紹介を超えて、そこから解説を敷衍することで、独禁法の意義・内容についての理解を深め、具体的な問題解決能力をも養おうとする意欲的なテキスト。

第9位 『事業者必携 入門図解 最新 独占禁止法・景表法・下請法のしくみ』

事業者必携 入門図解 最新 独占禁止法・景表法・下請法のしくみ

著者 奈良恒則
出版社 三修社
出版日 2017年09月26日

《商品紹介》「不公正」「不当」な取引や違法行為などへの法規制がわかる!問題解決やコンプライアンス対策に必携の書。

第10位 『独占禁止法とフェアコノミー』

独占禁止法とフェアコノミー

著者 土田和博/舟田正之
出版社 日本評論社
出版日 2017年07月25日

《商品紹介》公正な社会経済の発展に独占禁止法はどのように貢献できるか?本書は経済的格差、社会的不平等が拡大したといわれる日本において、フェアコノミー(公正経済)の形成と発展のために、独占禁止法制がどのような役割を果たすことができるかを探ろうとするものである。

第11位 『回想独占禁止法改正』

回想独占禁止法改正

著者 竹島一彦/上杉秋則
出版社 商事法務
出版日 2016年01月25日

《商品紹介》3回にわたる大改正を経て、著しい変貌を遂げた独占禁止法。-平成25年改正法施行後のいま、立法制定過程の記憶をひもとくー

第12位 『独占禁止法新版』

独占禁止法新版

著者 村上政博
出版社 岩波書店
出版日 2017年01月

《商品紹介》自由主義経済の事業活動を定める独禁法は近年の大改正により様変わりした。市場のグローバル化を受け整備された国際標準の競争法制の姿は?大型企業合併の審査、談合摘発などを行う公正取引委員会の役割も、法改正で導入された違反制裁金の大幅アップ、司法取引的な減免制度に関する最新の重要判例を紹介しながら解説する。

第13位 『競争政策論 第2版』

競争政策論 第2版

著者 小田切宏之
出版社 日本評論社
出版日 2017年09月05日

《商品紹介》今必要な競争政策とは。ネット取引が発達し、グローバル化が広がるなか、消費者利益を高め、イノベーションを進めるためには何ができるか。最新の事例を交えて考える。法学部生、実務家にもわかりやすい「経済学用語解説」付き。

第14位 『はじめて学ぶ独占禁止法』

はじめて学ぶ独占禁止法

著者 菅久修一/南雅晴
出版社 商事法務
出版日 2016年06月04日

《商品紹介》判決・審決、公取委運用実務で解説した入門書。独禁法初学者のために基礎的な事項をやさしく解説。

第15位 『独占禁止法における事例分析』

独占禁止法における事例分析

著者 村上政博
出版社 中央経済社
出版日 2016年04月12日

《商品紹介》判例法発展の成果として司法試験過去問を位置づける。裁量型課徴金制度の創設などをめぐる法改正の動向にも言及。独占禁止法の学習・研究の将来までを見据える。

第16位 『ベーシック経済法第4版』

ベーシック経済法第4版

著者 川浜昇/瀬領真悟
出版社 有斐閣
出版日 2014年05月

《商品紹介》公正で自由な経済活動の中心にある独占禁止法のエッセンスを説き明かす。学習のはじめに理解したい、「どうして独禁法違反行為は規制されるのか」「規制の全体像はどうなっているのか」を、豊富なCaseとともに重点的に解説した好評の入門書。最新の独禁法改正に対応し、中身を全面リニューアル。

第17位 『独占禁止法第3版』

独占禁止法第3版

著者 白石忠志
出版社 有斐閣
出版日 2016年12月

《商品紹介》実務家を中心に支持を集める体系書の最新版。公取委事例・裁判例・ガイドライン等に周到に目配りし、必要な情報を網羅して体系的に整理している。審判制度廃止の法改正に対応し、確約制度の改正案も詳説。第2版刊行後の数多くの重要事例にも丹念に応接している。

第18位 『独占禁止法概説第5版』

独占禁止法概説第5版

著者 根岸哲/舟田正之
出版社 有斐閣
出版日 2015年11月

《商品紹介》独禁法の執行手続の最大の特徴とされていた公正取引委員会の審判制度を廃止する平成25年大改正に対応。あわせて、数多くの審決・判決事例から重要なものを精選して、それらの位置付けを行い、各種ガイドラインの改定にも応接した。裁判例・審決例・主要ガイドラインなどを網羅し、独占禁止法の客観的かつオーソドックスな理解・解釈を提示する、バランスのとれた概説書。

第19位 『条解独占禁止法』

条解独占禁止法

著者 村上政博/内田晴康
出版社 弘文堂
出版日 2014年12月

《商品紹介》独占禁止法の現在がわかる待望の逐条解説書、誕生!実務をリードする4大法律事務所の弁護士と研究者の協働により作り上げた注釈書。近年の重要かつ大きな法改正や判例法の展開、実務の変化を反映した決定版。

第20位 『独占禁止法の歴史(下)』

独占禁止法の歴史(下)

著者 平林英勝
出版社 信山社出版
出版日 2016年01月

《商品紹介》競争原理と「社会的公正」。高度経済成長期から停滞と再生へと変転の歴史を辿る。政治に翻弄される混沌の中からの顕現(1978〜2015年)

第21位 『芸能人はなぜ干されるのか?増補新版』

芸能人はなぜ干されるのか?増補新版

著者 星野陽平
出版社 鹿砦社
出版日 2016年09月27日

《商品紹介》全マスコミが黙殺したものの、「ここまで書いていいのか?」とネットで話題騒然となった『芸能人はなぜ干されるのか?』が増補新版として再登場。

第22位 『アメリカ独占禁止法第2版』

アメリカ独占禁止法第2版

著者 松下満雄/渡邉泰秀
出版社 東京大学出版会
出版日 2012年03月

《商品紹介》法理と判例を読み解く。世界の競争法をリードするアメリカ反トラスト法を網羅的に解説、好評の概説書を大幅改訂。

第23位 『独占禁止法入門第7版』

独占禁止法入門第7版

著者 厚谷襄児
出版社 日本経済新聞出版社
出版日 2012年01月

《商品紹介》独占禁止法は、会社法、金融商品取引法と並んで、企業にとっても消費者にとっても重要な経済法です。本書は、基礎知識から規制の概要、運用の実態まで、独占禁止法の知っておくべきポイントをコンパクトに解説しています。課徴金の対象範囲拡大、課徴金減免制度、株式取得の事前届出制などの最新改正に完全準拠。最新のガイドライン、事例を反映した、ロングセラーテキストの改訂版です。

第24位 『注釈独占禁止法』

注釈独占禁止法

著者 根岸哲
出版社 有斐閣
出版日 2009年12月

《商品紹介》最新の平成21年改正法も「補遺」として収録、実務に最も適した形に新時代の独禁法コンメンタール。

第25位 『わかりやすい建設業のための独占禁止法Q&A』

わかりやすい建設業のための独占禁止法Q&A

著者 建設業適正取引推進機構
出版社 大成出版社
出版日 2011年05月

《商品紹介》絵図を活用して独占禁止法、官製談合防止法等に係る103項目を問答形式で分かり易く解説する。

第26位 『逐条解説 平成28年改正独占禁止法ーー確約手続の導入』

逐条解説 平成28年改正独占禁止法ーー確約手続の導入

著者 小室 尚彦/中里 浩
出版社 商事法務
出版日 2019年06月03日

第27位 『独占禁止法の新たな地平』

独占禁止法の新たな地平

著者 村上 政博
出版社 弘文堂
出版日 2019年02月14日

《商品紹介》「国際標準の競争法」に向けては、行為類型ごとの単一ルールの確立が残された課題となり、「国際標準の競争法制」に向けては、行政制裁金制度の導入と不公正な取引方法の解体、そして、日本固有の規制への純化が実現すべき立法政策上の最後の課題である。独占禁止法の今後の課題への処方箋を与える書き下ろし論文集。

第28位 『はじめて学ぶ独占禁止法〔第2版〕』

はじめて学ぶ独占禁止法〔第2版〕

著者 菅久 修一/南 雅晴
出版社 商事法務
出版日 2019年06月07日

第29位 『独占禁止法と損害賠償・差止請求』

独占禁止法と損害賠償・差止請求

著者 村上 政博
出版社 中央経済社
出版日 2018年03月01日

《商品紹介》独占禁止法が定める差止請求・損害賠償請求について、訴訟件数は着実に増加しているが、まだその全体像は明らかではない。本書では、その周辺領域まで含めて争点・判例等を網羅的に検討する。さらには2014年EU損害賠償指令の内容を、日本法との比較対象として取り上げており、本テーマにおける総合的な解説書として、有用な一冊となっている。

第30位 『独占禁止法』

独占禁止法

著者 村上 政博
出版社 弘文堂
出版日 2017年10月24日

《商品紹介》「国際標準の競争法へ」を体系化した基本書の決定版。最新の重要な判審決およびガイドラインの改訂をふまえ、独占禁止法の実体ルール・手続を詳説した実務型基本書。