国際法|初心者向け おすすめの本

2018-01-14

第1位 『国際法』

国際法

著者 大沼 保昭
出版社 筑摩書房
出版日 2018年12月05日

《商品紹介》国際法とは何かと聞かれても、すぐにイメージしにくいかもしれない。でも、憲法や安全保障のような国民全体の大問題だけでなく、コンビニでパンを買うといった私的な問題にまで国際法は関わっている。そのように広く国際社会に通用している国際法をどう理解すればよいのか。弱肉強食の「国際社会」という不条理の世界で、法はどう働くのか。そうした「生きた国際法」を誰にでもわかる形で、国際法の第一人者が解説。グローバル時代を生きるすべての現代人にとって必読必携の書。

第2位 『国際法』

国際法

著者 玉田 大/水島 朋則
出版社 有斐閣
出版日 2017年10月03日

《商品紹介》国際法の教科書を読んでみると、「何か、考えていたことと違う」などと、思う。そんなつまづきを「わかった!」にかえる画期的テキスト。ふと疑問に思う国際法のトピックを多数コラムとして掲載!

第3位 『国際法第3版』

国際法第3版

著者 中谷和弘/植木俊哉
出版社 有斐閣
出版日 2016年03月17日

《商品紹介》複雑化する国際社会の「背骨」をなす国際法の規律の仕組みを、わかりやすい叙述によってコンパクトに解説。国際法のエッセンスと最新の問題を盛り込んだスタンダード・テキスト。

第4位 『国際法【第4版】』

国際法【第4版】

著者 浅田正彦
出版社 東信堂
出版日 2019年04月15日

《商品紹介》大好評の第3版刊行から3年、その間生起したイギリスのEU脱退問題(Brexit)、トランプ政権の誕生、南シナ海における中国の活動をめぐる南シナ海事件仲裁判断、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定のアメリカを除く形(TPP11)での発効、気候変動に対処するためのパリ協定の発効、国際司法裁判所(ICJ)の核軍縮義務事件判決、シリアの化学兵器使用と西側諸国による武力行使、核兵器禁止条約の採択など最新の事例を取り入れ、大幅増補改訂。激動する世界情勢を見据え、各分野第一線の研究者を結集した、初学者から各種国家試験まで対応する国際法学徒必携の一冊。

第5位 『国際法改訂版』

国際法改訂版

著者 柳原正治
出版社 放送大学教育振興会
出版日 2019年03月

第6位 『国際法のダイナミズム』

国際法のダイナミズム

著者 岩沢 雄司/森川 幸一
出版社 有斐閣
出版日 2019年04月03日

第7位 『国際法入門〔第2版〕』

国際法入門〔第2版〕

著者 山形 英郎/比屋定 泰治
出版社 法律文化社
出版日 2018年10月17日

第8位 『国際法を物語る(1)』

国際法を物語る(1)

著者 阿部浩己
出版社 朝陽会
出版日 2018年11月

《商品紹介》法と政治が生々しく交錯する世界を、国際法で読み解く。平和・戦争、経済、人権、環境、開発。国境を越えて生まれる紛争、貧富の差。混迷を深める世界はどこに向かうのか。

第9位 『一問一答 平成30年人事訴訟法・家事事件手続法等改正ーー国際裁判管轄法制の整備』

一問一答 平成30年人事訴訟法・家事事件手続法等改正ーー国際裁判管轄法制の整備

著者 内野 宗揮
出版社 商事法務
出版日 2019年02月08日

《商品紹介》立案担当者が法改正の趣旨・内容をわかりやすく解説する。

第10位 『講義国際経済法』

講義国際経済法

著者 柳赫秀
出版社 東信堂
出版日 2018年11月

《商品紹介》164の国・地域のコンセンサスを基本原則とするWTOが機能不全に陥り、FTAやEPAなどの二国間協定へとシフトが進むなか、12か国を包括した地域協定として打ち出されたTPPは主要国アメリカの脱退によって11か国でスタートが決まるなど、国際経済秩序は混迷をきわめている。ガット・WTO、知的財産権、国際投資、国際通貨・金融、地域統合など今日の国際経済をめぐる幅広い18のテーマを解説し、より深い理解のための25のコラムやオンライン資料のURLなども充実した最新のテキストブック!

第11位 『国際財産法』

国際財産法

著者 奥田 安弘
出版社 明石書店
出版日 2019年02月20日

第12位 『国際取引法講義〈第2版〉』

国際取引法講義〈第2版〉

著者 久保田 隆
出版社 中央経済社
出版日 2018年12月28日

《商品紹介》広範な法規制を扱う「国際取引法」は全体像がつかみにくく、将来、国際ビジネスでの活躍を望む法学部の学生にとって、重要ではあるがなじみにくい分野になっている。本書は、学生にとってわかりやすく興味を持って学んでもらうことと、学習目的別に各々必要十分な内容を提供することを目的とし、最重要事項に絞って平易な解説を行うテキストである。上の目的を実現するため、(1)国際取引の仕組みについて図解を用いて丁寧に解説する、(2)司法試験過去問等を用いて問題演習を充実させる、(3)外国法・各国の事情など情報の調べ方も紹介する、(4)隣接分野についても言及を行う、との4点を特徴とする方針で執筆されている。

第13位 『国際法研究 第7号』

国際法研究 第7号

著者 岩沢 雄司/中谷 和弘
出版社 信山社出版
出版日 2019年03月19日

第14位 『竹島問題と国際法』

竹島問題と国際法

著者 中野徹也
出版社 ハーベスト出版
出版日 2019年02月

第15位 『自衛官国際法小六法(平成30年度版)』

自衛官国際法小六法(平成30年度版)

著者 防衛法規研究会
出版社 学陽書房
出版日 2018年03月

第16位 『船舶汚染規制の国際法』

船舶汚染規制の国際法

著者 富岡 仁
出版社 信山社出版
出版日 2018年07月19日

第17位 『北極国際法秩序の展望』

北極国際法秩序の展望

著者 稲垣治/柴田明穂
出版社 東信堂
出版日 2018年10月

《商品紹介》海氷の減少に伴い、新たな航路の開拓、眠れる資源の開発をはじめとして大いなる可能性を秘めた北極域への国際的関心が高まっている。非北極国たるわが国にとっても、研究開発や国際協力を通じて、北極域および北極諸国との関わりは、今後益々重要となるに違いない。本書は、科学、環境、海洋、制度、先住民族など北極国際法秩序をめぐる幅広い課題を提示する18の論文を収録。北極域へと関心を寄せる産・官・学すべてに向けた必読の一冊である。

第18位 『現代国際ビジネス法』

現代国際ビジネス法

著者 浜辺陽一郎
出版社 日本加除出版
出版日 2018年02月

《商品紹介》基礎から実務まで、この一冊で現代国際ビジネス法がわかる。実務担当者必携!広く法的問題点を把握できる入門書。図解満載!基礎から最新テーマまで網羅的に整理。

第19位 『国際商取引法新版』

国際商取引法新版

著者 高桑昭
出版社 東信堂
出版日 2019年02月

《商品紹介》企業活動から日常生活まで、物資の生産・流通は国際的商取引によるところの現代の国際売買・運送・金融・各種企業活動の実体法を中心に国際私法、国際経済法、国際民事手続法を系統的に詳しく説明した前著の新版。

第20位 『国際法』

国際法

著者 渡部 茂己/喜多 義人
出版社 弘文堂
出版日 2018年01月22日

第21位 『ビジネス法体系 国際ビジネス法』

ビジネス法体系 国際ビジネス法

著者 ビジネス法体系研究会/河村 寛治
出版社 第一法規
出版日 2018年05月29日

《商品紹介》ビジネス活動に着目した新たな法体系シリーズブック!国際ビジネスに焦点を当て、それに関係する法を体系化。我が国において国際法務や法的リスクマネジメントで直面する法的問題に関連して、その解決の糸口を導き出し、また法務戦略的な視点をもって業務を推進できるよう、基礎的な知識や情報を提供する。

第22位 『国際法講義』

国際法講義

著者 鶴田順
出版社 成文堂
出版日 2018年02月22日

第23位 『基本国際法〔第3版〕』

基本国際法〔第3版〕

著者 杉原 高嶺
出版社 有斐閣
出版日 2018年02月09日

《商品紹介》現代国際法の基本制度をわかりやすく説き明かす!入門書のロングセラー。近時の国際法の動向に対応した最新版。条約法等の解説を拡充!

第24位 『地球共同体の国際法』

地球共同体の国際法

著者 松隈潤
出版社 国際書院
出版日 2018年09月

第25位 『レクチャー国際取引法〔第2版〕』

レクチャー国際取引法〔第2版〕

著者 松岡 博/黄 軔霆
出版社 法律文化社
出版日 2018年05月16日

第26位 『テキストブック 法と国際社会〔第2版〕』

テキストブック 法と国際社会〔第2版〕

著者 徳川 信治/西村 智朗
出版社 法律文化社
出版日 2018年04月24日

第27位 『国際知的財産法入門』

国際知的財産法入門

著者 木棚照一
出版社 日本評論社
出版日 2018年04月12日

《商品紹介》国際知財法の権威が、学生向けに分かりやすく簡潔に解説。ビジネス実務でも、今後ますます必要になる分野の最適な概説書。

第28位 『国際ビジネスのための英米法入門〔第3版〕』

国際ビジネスのための英米法入門〔第3版〕

著者 植田 淳
出版社 法律文化社
出版日 2017年03月10日

第29位 『国際商取引紛争解決の法と実務』

国際商取引紛争解決の法と実務

著者 大貫雅晴
出版社 同文舘出版
出版日 2018年02月01日

《商品紹介》国際商取引から発生するトラブル、紛争の解決法について、当事者交渉、和解、国際商事調停、国際商事仲裁を中心に、その理論と実際について解説した実務担当者必携のガイドブック!

第30位 『NHK国際放送が選んだ日本の名作』

NHK国際放送が選んだ日本の名作

著者 朝井 リョウ/石田 衣良
出版社 双葉社
出版日 2019年07月11日