ハッキング|初心者向け おすすめの本

2018-01-14

第1位 『ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習』

ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習

著者 IPUSIRON
出版社 翔泳社
出版日 2018年12月07日

《商品紹介》本書では、物理的な環境にとらわれずハッキング実験ができる環境、すなわち「ハッキング・ラボ」を作り上げます。セキュリティについて理解するには、攻撃について学ぶのが近道です。攻撃実験は仮想環境で行うので、安心して実践的な学習ができます。

第2位 『バイオハッキング』

バイオハッキング

著者 カーラ・プラトーニ/田沢恭子
出版社 白揚社
出版日 2018年11月06日

《商品紹介》テクノロジーや文化で脳や身体を“ハッキング”することで「世界の感じ方」はどう変わるか?五感に関する最新研究から仮想現実(VR)や拡張現実装置の開発、バイオハッカーによる未知の感覚の追求まで、知覚の未来を探る!

第3位 『ハッカーの学校IoTハッキングの教科書』

ハッカーの学校IoTハッキングの教科書

著者 黒林檎/村島正浩
出版社 データハウス
出版日 2018年07月

《商品紹介》IoT機器のハッキングとセキュリティの最新技術。WebカメラからWebサーバーまで検証。

第4位 『裏テレビ活用テクニック(13)』

裏テレビ活用テクニック(13)

出版社 三才ブックス
出版日 2017年11月28日

第5位 『ハッカーの学校 ハッキング実験室』

ハッカーの学校 ハッキング実験室

著者 黒林檎
出版社 データハウス
出版日 2017年04月17日

《商品紹介》フォロワー自動生成、キーロガー、ボットネット、フィッシングサイト。SNSを利用したハッキング・プログラミング実践教室。

第6位 『裏テレビ活用テクニック(14)』

裏テレビ活用テクニック(14)

出版社 三才ブックス
出版日 2018年11月27日

第7位 『ハッキング・マーケティング 実験と改善の高速なサイクルがイノベーションを次々と生み出す』

ハッキング・マーケティング 実験と改善の高速なサイクルがイノベーションを次々と生み出す

著者 スコット・ブリンカー/東方 雅美
出版社 翔泳社
出版日 2017年05月15日

《商品紹介》これまでにも、デジタルマーケティングの戦略や戦術に関しては、さまざまな優れた書籍が出版されてきました。そうした戦略をすべて結びつける「糸」として、マーケティング・マネジメントの重要性が増しています。しかも、購買活動の隅々までデジタルが絡む、変化の速い世界に対応するため、すばやく適切な施策を創造し、その中でイノベーションを起こさなければいけません。そこで本書では、デジタルのスピードを先導してきた米国IT業界の思想(アジャイル、リーンなど)をマーケティングに取り入れ、現場の業務とマネジメントを改革し、イノベーションを生み出す手法を解説します。

第8位 『Hacking Growth グロースハック完全読本』

Hacking Growth グロースハック完全読本

著者 ショーン・エリス/モーガン・ブラウン
出版社 日経BP
出版日 2018年09月29日

第9位 『HACKING:美しき策謀第2版』

HACKING:美しき策謀第2版

著者 ジョン・エリクソン/村上雅章
出版社 オライリー・ジャパン
出版日 2011年10月

《商品紹介》ハッカーの視点に立ち、攻撃手法を詳しく分析。防御方法の本質が理解できる究極のセキュリティガイド。ベストセラー待望の改訂版。

第10位 『勝間和代の日本を変えよう』

勝間和代の日本を変えよう

著者 勝間和代
出版社 毎日新聞出版
出版日 2008年09月