ニューラルネットワーク|初心者向け おすすめの本

2018-01-14

第1位 『Python計算機科学新教本』

Python計算機科学新教本

著者 David Kopec
出版社 オライリー・ジャパン
出版日 2019年06月27日

第2位 『必要な数学だけでわかるニューラルネットワークの理論と実装』

必要な数学だけでわかるニューラルネットワークの理論と実装

著者 チーム・カルポ
出版社 秀和システム
出版日 2018年12月28日

《商品紹介》人工知能のためのプログラミング入門。アルゴリズムの基礎から実践までを解説!数式をPythonプログラムに落とし込む!

第3位 『PyTorchニューラルネットワーク実装ハンドブック』

PyTorchニューラルネットワーク実装ハンドブック

著者 宮本圭一郎、大川洋平、毛利拓也
出版社 秀和システム
出版日 2018年12月27日

《商品紹介》画像処理や自然言語を学べるよう、畳み込みネットワークからリカレントネットワーク、敵対的生成ネットワーク(GAN/LSGAN/CGAN)、物体検出までを実例を交えて体系的に解説。

第4位 『TensorFlowで学ぶ機械学習・ニューラルネットワーク』

TensorFlowで学ぶ機械学習・ニューラルネットワーク

著者 Nishant Shukla/岡田佑一
出版社 マイナビ出版
出版日 2018年04月27日

《商品紹介》機械学習と人工知能技術を完全マスター!線形回帰からニューラルネットワークまで。機械学習のアルゴリズムをマスター。TensorFlowでの実装を解説!

第5位 『夢見るディープラーニング ニューラルネットワーク[Python実装]入門』

夢見るディープラーニング ニューラルネットワーク[Python実装]入門

著者 金城俊哉
出版社 秀和システム
出版日 2018年06月06日

《商品紹介》コグニティブ・コンピューティングへの第一歩。日本一わかりやすいPythonによる深層学習の手ほどき!

第6位 『はじめてのディープラーニング』

はじめてのディープラーニング

著者 我妻 幸長
出版社 SBクリエイティブ
出版日 2018年08月29日

《商品紹介》知識ゼロからはじめるディープラーニング。ディープラーニングの基礎知識と実践的なプログラミングを、フレームワークを使わずに解説しています。これからAI関連の技術を学びたい学生やエンジニアに最適!!Python3、Jupyter Notebook対応。

第7位 『近未来のコア・テクノロジー ニューラルネットワーク、データマイニング、ブロックチェーン、ロボティクス、量子コンピュータが1冊でわかる』

近未来のコア・テクノロジー ニューラルネットワーク、データマイニング、ブロックチェーン、ロボティクス、量子コンピュータが1冊でわかる

著者 三津村 直貴
出版社 翔泳社
出版日 2018年10月31日

《商品紹介》AI、IoT、仮想通貨など、さまざまな革新的テクノロジーが登場しています。しかしこれらは、その背景にあるコア・テクノロジーの応用例といえます。そこで、これからの社会に決定的な影響を及ぼすであろう5つの最重要技術を取り上げ、その仕組みや発展について解説します。本書は、5つのコア・テクノロジーを理解することで、少し先の未来を見通せるようになることを目標としています。

第8位 『ニューラルネットワーク自作入門』

ニューラルネットワーク自作入門

著者 Tariq Rashid/新納 浩幸
出版社 マイナビ出版
出版日 2017年04月28日

《商品紹介》人工知能の分野でパワフルかつ有用な手法として期待されている。“ニューラルネットワーク”の入門書。必要となる数学を理解できるよう一歩一歩丁寧に解説。コンピュータ言語:Pythonを活用してニューラルネットワークを自作してどのように動くのかを理解!

第9位 『ソニー開発のNeural Network Console入門【増補改訂・クラウド対応版】--数式なし、コーディングなしのディープラーニング』

ソニー開発のNeural Network Console入門【増補改訂・クラウド対応版】--数式なし、コーディングなしのディープラーニング

著者 足立 悠/ソニー株式会社
出版社 リックテレコム
出版日 2018年11月09日

《商品紹介》「数式が読めない」「コーディングは苦手」という一般SEや初学者のために、気鋭のデータサイエンティストがニューラルネットワークを簡潔に解説。無償のGUIツール「NNC」を使った体験学習で理解を深めます。本書旧版ではWindows上でNNCアプリを動かしましたが、この増補改訂版ではクラウド版のNNCを使います。演習課題も見直して、CNNによる画像分類のほか、新たにRNNによる時系列予測と異常検知、自然言語処理へと拡大させ、巻末付録も拡充。NNC開発元ソニーの監修となりました。

第10位 『TensorFlowで学ぶディープラーニング入門』

TensorFlowで学ぶディープラーニング入門

著者 中井 悦司
出版社 マイナビ出版
出版日 2016年09月28日

《商品紹介》こんな人におすすめ:機械学習、データ分析の専門家ではないけど興味がある、ディープラーニングのアルゴリズムがどうなっているのか知りたい、TensorFlowの公式サンプルコードだけでは、どう使っていいかわからない。TensorFlowを実際に動かしながら、「畳み込みニューラルネットワーク」の仕組みを理解しよう!

第11位 『TensorFlowを使った「ニューラル・ネットワーク」の構築法』

TensorFlowを使った「ニューラル・ネットワーク」の構築法

著者 高木聡
出版社 工学社
出版日 2018年08月22日

《商品紹介》最低限の知識で「機械学習システム」構築。「深層学習」の「原理」や「環境構築」を解説!

第12位 『ソニー開発のNeural Network Console入門 -数式なし、コーディングなしのディープラーニング』

ソニー開発のNeural Network Console入門 -数式なし、コーディングなしのディープラーニング

著者 足立 悠
出版社 リックテレコム
出版日 2018年01月29日

《商品紹介》「数式が読めない」「コーディングは苦手」という一般SEや初学者の方々が本書の対象です。(1)全結合型・(2)畳み込み・(3)再帰型のニューラルネットワークに話題を絞り、気鋭のデータサイエンティストが丁寧に仕組みを解説。さらに、ソニーが開発した無償のGUIツールを使って、初級・中級・上級とディープラーニングを段階的に体験学習。「数式なし」で手法を理解し、「コーディングなし」で実装方法もわかるようになります。

第13位 『学習とニューラルネットワーク』

学習とニューラルネットワーク

著者 熊沢逸夫
出版社 森北出版
出版日 1998年07月

《商品紹介》本書では、特に学習に重点を置いて、ニューラルネットの原理と計算手続きを解説する。読者層として大学学部学生を想定するが、ニューラルネットの理解に必要となる数学と統計物理学の基礎を本書の中で詳述する。

第14位 『ニューラルネットワークとファジィ信号処理』

ニューラルネットワークとファジィ信号処理

著者 谷萩隆嗣/萩原将文
出版社 コロナ社
出版日 1998年03月

第15位 『学習とそのアルゴリズム POD版』

学習とそのアルゴリズム POD版

著者 電気学会
出版社 森北出版
出版日 2012年01月

第16位 『C++とJavaでつくるニューラルネットワーク』

C++とJavaでつくるニューラルネットワーク

著者 平野廣美
出版社 パーソナルメディア
出版日 2008年06月

《商品紹介》ニューラルネットワーク徹底解説。基礎から応用まで具体例を挙げ実際にプログラムを作りながら詳説。自己組織化マップ(SOM)についても解説。

第17位 『ニューラルネットワーク計算知能』

ニューラルネットワーク計算知能

著者 渡辺桂吾
出版社 森北出版
出版日 2006年09月

第18位 『ニューラルネットワーク』

ニューラルネットワーク

著者 吉冨康成
出版社 朝倉書店
出版日 2002年07月

《商品紹介》本書は大学学部で学ぶニューラルネットワークの入門書ないしは教科書、参考書であり、大学教養科目としての数学、物理などを基礎知識としてもっていれば読みこなせるものである。特に重要な事項に関しては、理解を確実にしてもらうため、何個所かの重複記述を意識的に行っている。

第19位 『ニュ-ラルネットワ-クの物理モデル』

ニュ-ラルネットワ-クの物理モデル

著者 タマ-シュ・ゲスチ/秋葉巴也
出版社 吉岡書店
出版日 1992年09月01日

《商品紹介》本書は固体物理学者ホップフィールドの考案したモデルとその発展を中心に、物理学者を自認する著者が神経回路網を解説した異色の書。まず基本的考えを模型として具体化し、次に数式によって体系化するという物理学における伝統的なアプローチに沿った議論の展開。特に、統計力学に基づく神経回路網の能力評価についての詳しい説明は、他に類を見ない。

第20位 『Cでつくるニューラルネットワーク』

Cでつくるニューラルネットワーク

著者 平野廣美
出版社 パーソナルメディア
出版日 1991年03月

《商品紹介》ささやかれ始めた伝統的人工知能の限界、そこで登場したニューラルネットワーク。生物脳の基本単位であるニューロンのモデルを用いたニューラルネットワークで、何ができるのか、どこまでできるのか。入門レベルから具体例を用いてわかりやすく解説。

第21位 『ニュ-ラルネットワ-ク』

ニュ-ラルネットワ-ク

著者 矢川元基
出版社 培風館
出版日 1992年05月01日

《商品紹介》本書は、計算力学や応用力学へのニューラルネットワークの適用の可能性について解説したものである。最適化あるいは設計、欠陥あるいは構造同定、実験データ処理、材料評価などの最新の研究テーマについて、オムニバス形式で解説したものである。従来の材料力学、流体力学、振動学といった分野を、横断する萌芽的研究の現状を示し、ニューラルネットワークの情報処理の発展の方向性を提示する

第22位 『ニューラルネットワーク情報処理』

ニューラルネットワーク情報処理

著者 麻生英樹
出版社 産業図書
出版日 1988年06月

《商品紹介》コネクショニズム,PDP,ニューラル・ネットワークなどの名称で急速に盛んになりつつある高度並列分散情報処理を紹介し、新しい可能性を探る。

第23位 『高次認知のコネクショニストモデル』

高次認知のコネクショニストモデル

著者 都築誉史/楠見孝
出版社 共立出版
出版日 2005年08月

第24位 『ニューラルネットワークアーキテクチャ入門POD版』

ニューラルネットワークアーキテクチャ入門POD版

著者 ジュディス・E.デーホフ/桂井浩
出版社 森北出版
出版日 2013年07月

《商品紹介》ニューラルネットワーク情報処理の流行に対応して書かれた、専門家から非専門家までを対象にしたニューラルネットワークの概説書。これまでに提案されたさまざまなニューラルネットワークのパラダイムとその具体例が簡潔に示され、人工的ニューラルネットワークの背景をなす生物ニューラルネットワーク、それを構成するニューロン、その結合(シナプス)等について類書にはないほど詳細に説明している。