デリバティブ|初心者向け おすすめの本

2018-01-14

第1位 『必携デリバティブ・ドキュメンテーション別冊 サマリー版 当初証拠金契約書の実務』

必携デリバティブ・ドキュメンテーション別冊 サマリー版 当初証拠金契約書の実務

著者 植木 雅広
出版社 近代セールス社
出版日 2019年05月17日

《商品紹介》2020年9月のIM Big Bangに向け、重要ポイントと最新情報を収録!非清算集中店頭デリバティブ取引の当初証拠金に関する契約書実務がこれでわかる!

第2位 『図解入門ビジネス 最新デリバティブの基本とカラクリがよ〜くわかる本 [第2版]』

図解入門ビジネス 最新デリバティブの基本とカラクリがよ〜くわかる本 [第2版]

著者 藤崎達哉
出版社 秀和システム
出版日 2019年03月14日

《商品紹介》国際金融市場の仕組みと動向がよくわかる!

第3位 『デリバティブキーワード360』

デリバティブキーワード360

著者 三井住友信託銀行マーケット事業
出版社 金融財政事情研究会
出版日 2019年04月

《商品紹介》デリバティブ用語集の定番、待望の改訂!解説をスリム化し、より読みやすくなるとともに、規制関係を中心に新項目を追加。お客さまや上司から聞かれたとき、会議でだれかが知らない言葉を使っていたとき、机の上にあると便利な一冊です。

第4位 『マルチカーブのもとでわかるハル・ホワイト・モデル』

マルチカーブのもとでわかるハル・ホワイト・モデル

著者 中村尚介
出版社 金融財政事情研究会
出版日 2019年02月

《商品紹介》ハル・ホワイト・モデルを根底から理解!EXCEL操作で金利スワップ、キャップ/フロアー、スワップション、エキゾチック・オプションのプライシングを体感!OISディスカウンティング、マイナス金利、ハル・ホワイト・モデル以外のショートレート・モデルにも対応して完全武装!!

第5位 『銀行業務検定試験公式テキストデリバティブ3級(2019年6月受験用)』

銀行業務検定試験公式テキストデリバティブ3級(2019年6月受験用)

著者 経済法令研究会
出版社 経済法令研究会
出版日 2019年03月

第6位 『OTCデリバティブ規制改革とFMI原則』

OTCデリバティブ規制改革とFMI原則

著者 羽渕貴秀
出版社 金融財政事情研究会
出版日 2018年10月

《商品紹介》2000年代の世界的な金融危機を受けたOTCデリバティブ規制改革の全貌について、日本の動向と国際的な議論の双方を踏まえて、包括的に解説した本邦初の解説書。

第7位 『xVAチャレンジ』

xVAチャレンジ

著者 Jon Gregory/KPMG/あずさ監査法人金融事業部
出版社 きんざい
出版日 2018年01月

《商品紹介》CVAかxVAへ進化するデリバティブ評価モデルの理論と実践的運用法。xVAの概念と具体的な影響例、xVAの全体的管理、将来の方向性を包括的に解説。バーゼル規制資本ルールの強化、清算集中義務、証拠金規制の導入など、近年の店頭デリバティブ規制強化にあっても真の収益力を見定めたビジネスを模索する、本邦金融機関とエンドユーザー待望の初邦訳版。

第8位 『銀行業務検定試験デリバティブ3級問題解説集(2019年6月受験用)』

銀行業務検定試験デリバティブ3級問題解説集(2019年6月受験用)

著者 銀行業務検定協会
出版社 経済法令研究会
出版日 2019年03月

《商品紹介》2015年(第131回)〜2018年(第140回)の問題を収録。

第9位 『入門商品デリバティブ』

入門商品デリバティブ

著者 宇佐美洋/小野里光博
出版社 東洋経済新報社
出版日 2015年09月18日

《商品紹介》先物・オプション・スワップの仕組みをコモディティを中心に基本からていねいに解説。取引コストの削減やリスクへの対処方法からデリバティブ市場の歴史まで網羅した決定版。

第10位 『デリバティブ入門講義』

デリバティブ入門講義

著者 根岸康夫
出版社 金融財政事情研究会
出版日 2018年03月

《商品紹介》そうかオプションって宝くじなんだ!!損害保険にもなるんだ!思わず膝を打つ的確なたとえを駆使したわかりやすい解説が人気を博す『現代ポートフォリオ理論講義』の“根岸節”が軽妙平易に説き明かす、オプション・先物・スワップの仕組みと効能。

第11位 『図解でスッキリデリバティブの会計入門』

図解でスッキリデリバティブの会計入門

著者 新日本有限責任監査法人
出版社 中央経済社
出版日 2016年08月30日

《商品紹介》「図解」「専門用語少なめ」「キャラクター」の3大特徴で楽しく読める会計本。取引のしくみから複合金融商品まで解説!

第12位 『金融マンのための実践デリバティブ講座第2版』

金融マンのための実践デリバティブ講座第2版

著者 山下章太
出版社 中央経済社
出版日 2016年01月19日

《商品紹介》デリバティブを解説する書籍は数多く出版されていますが、難解な専門書か最低限の知識に絞った入門書のどちらかで、極端なものがほとんどです。本書は、「何となく聞いたことがある」から「説明・提案できる」へ、実務への橋渡しとなる「中級レベル」の書籍を目指しました。一般的に取引されるデリバティブについて、事例を交えながら解説しており、金融マンだけでなく企業の財務部や経理部の方にも役立つ知識が満載です。第2版では近年変わってきたエクイティファイナンスの傾向を踏まえ、為替デリバティブやストック・オプションについての解説を増やすなど、経済環境の変化にあわせて内容を新しくしています。

第13位 『銀行業務検定試験デリバティブ3級問題解説集(2018年6月受験用)』

銀行業務検定試験デリバティブ3級問題解説集(2018年6月受験用)

著者 銀行業務検定協会
出版社 経済法令研究会
出版日 2018年03月

《商品紹介》2014年(第128回)〜2017年(第137回)の問題を収録。

第14位 『地震デリバティブと自然災害リスク投資』

地震デリバティブと自然災害リスク投資

著者 藤田浩一
出版社 文芸社
出版日 2016年07月01日頃

第15位 『銀行業務検定試験公式テキストデリバティブ3級(2018年6月受験用)』

銀行業務検定試験公式テキストデリバティブ3級(2018年6月受験用)

著者 経済法令研究会
出版社 経済法令研究会
出版日 2018年03月15日

第16位 『図解いちばん面白いデリバティブ入門第2版』

図解いちばん面白いデリバティブ入門第2版

著者 永野学
出版社 東洋経済新報社
出版日 2009年03月

《商品紹介》本書は、「デリバティブって、言葉はよく聞くけれど、いったい何なんだろう?」と思っている人に対して、専門用語をできるだけ用いないで説明し、デリバティブや金融の仕組みを知ってもらうことを目指しています。二〇〇三年の初版刊行の後、サブプライム問題や日米欧での金融再編が進み、金融業界・金融市場ともに大きく変わりました。第二版ではこうした変化も踏まえつつ、デリバティブの基本から最新の動向、さらには世界同時金融危機の本質までズバリ解説しています。

第17位 『デリバティブ(金融派生商品)の仕組み及び関係訴訟の諸問題』

デリバティブ(金融派生商品)の仕組み及び関係訴訟の諸問題

著者 司法研修所
出版社 法曹会
出版日 2017年09月

第18位 『必携デリバティブ・ドキュメンテーション(担保・個別契約書編)』

必携デリバティブ・ドキュメンテーション(担保・個別契約書編)

著者 植木雅広
出版社 近代セールス社
出版日 2010年10月

《商品紹介》担保・個別契約に関する書類作成や締結手続き、管理体制整備等を徹底解説。CSA参考訳と各種契約書のサンプル(全22資料)も掲載しています。

第19位 『リテール顧客向けデリバティブ関連商品販売における民事責任』

リテール顧客向けデリバティブ関連商品販売における民事責任

著者 金融商品取引法研究会
出版社 日本証券経済研究所
出版日 2014年09月

第20位 『デリバティブ取引のすべて』

デリバティブ取引のすべて

著者 三菱東京UFJ銀行
出版社 きんざい
出版日 2014年02月

《商品紹介》変貌するデリバティブ取引の全容を詳解する待望の実務体系書の決定版。

第21位 『カラー図解でわかる金融工学「超」入門』

カラー図解でわかる金融工学「超」入門

著者 田渕直也
出版社 SBクリエイティブ
出版日 2015年01月19日

《商品紹介》金融工学は、金融に関する数学的な理論を扱う分野で、「デリバティブ」と呼ばれる金融商品の価格を決定するものです。つまり、この本を読むと、株式や為替など身近な金融商品の価格がどのように決まるのかがわかるようになります。さらに金融工学は、「リスク管理」を支える理論でもあるので、投資などをしない人にとっても、その考え方は役立ちます。

第22位 『フィナンシャルエンジニアリング第9版』

フィナンシャルエンジニアリング第9版

著者 ジョン・C.ハル/三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会
出版社 金融財政事情研究会
出版日 2016年07月

《商品紹介》歴史的名著(“Options,Futures,and Other Derivatives”)の日本版として7年ぶりとなる本書では、CVA・DVAを扱う章を新設したほか、OTCデリバティブにおける清算、OIS割引etc、デリバティブ業務・市場を取り巻く顧客とマーケットの変化、国際的金融規制、リスク管理に関する時代の要請を受けた金融工学の変化をあますことなくフォロー。すべての“デリバティブ関係者”の理論・技術の習得、実務への応用に必備の一冊。演習用ソフトDerivaGem3.00付。

第23位 『デリバティブがわかる』

デリバティブがわかる

著者 可児滋/雪上俊明
出版社 日本経済新聞出版社
出版日 2012年06月

《商品紹介》リスクの特性を理解し自在に使いこなす。専門用語も基礎からやさしく説明。取引やマーケットの仕組み、リスク管理、取引戦略のポイントを解説。金融から商品・クレジットまで幅広く網羅。

第24位 『金融マンのためのこれ1冊でわかるデリバティブ・証券化商品入門』

金融マンのためのこれ1冊でわかるデリバティブ・証券化商品入門

著者 みずほ証券株式会社
出版社 東洋経済新報社
出版日 2008年02月

《商品紹介》実務家が最新の金融手法と商品をわかりやすく解説。市場動向や金融商品会計も取り上げ、日々の業務に活用できるハンドブック。デリバティブ、仕組債、投信、証券化商品等々、最新の金融商品に完全対応。

第25位 『天候デリバティブのすべて』

天候デリバティブのすべて

著者 天崎裕介/広瀬尚志
出版社 東京電機大学出版局
出版日 2003年02月

《商品紹介》天候と密接な関係をもつ多くの事業活動にとって、天候リスクをヘッジする有効なツールが天候デリバティブである。本書では、天候デリバティブビジネスの第一線で活躍する執筆陣が、最新の情報も盛り込みながらわかりやすく解説した。

第26位 『Q&A投資取引被害救済の実務改訂』

Q&A投資取引被害救済の実務改訂

著者 荒井哲朗/浅井淳子
出版社 日本加除出版
出版日 2015年03月

《商品紹介》相談対応に不可欠!基本から難問まで網羅した全83問。最新の被害実態に対応!書式増加!クラウドファンディング、金地金、クリック株365等、新たに生起する詐欺的商法や問題に関する設問を追加し、未公刊のものを含む最新裁判例も多数紹介。

第27位 『Excelでわかる市場・信用リスク管理』

Excelでわかる市場・信用リスク管理

著者 有浦義明
出版社 きんざい
出版日 1998年10月

《商品紹介》本書は、市場リスクと信用リスクを計量化し、統合管理をするためのモデルをより実践的に理解することを目的としています。

第28位 『物語で読み解くデリバティブ入門』

物語で読み解くデリバティブ入門

著者 森平爽一郎
出版社 日本経済新聞出版社
出版日 2011年03月

第29位 『デリバティブズ・ビジネス(2)』

デリバティブズ・ビジネス(2)

著者 三田哉
出版社 中央経済社
出版日 2015年09月

《商品紹介》証券マンの行動原理もわかる!?『I』には書けなかった実務の「深い」話が満載!

第30位 『わかる・使える経済・金融の数理入門』

わかる・使える経済・金融の数理入門

著者 角川総一
出版社 ビジネス教育出版社
出版日 2012年03月