サルトル|初心者向け おすすめの本

2018-01-14


Warning: simplexml_load_file(http://shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/itemSearch?appid=dj00aiZpPVFDZlFkcE9YakduYyZzPWNvbnN1bWVyc2VjcmV0Jng9NTE-&affiliate_type=vc&affiliate_id=http%3A%2F%2Fck.jp.ap.valuecommerce.com%2Fservlet%2Freferral%3Fsid%3D3381999%26pid%3D885163136%26vc_url%3D&store_id=boox&isbn=9784334950392): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 503 Service Unavailable in /home/hijk/e-contents1.com/public_html/wp-content/php/kw1.php on line 29

Warning: simplexml_load_file(): I/O warning : failed to load external entity "http://shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/itemSearch?appid=dj00aiZpPVFDZlFkcE9YakduYyZzPWNvbnN1bWVyc2VjcmV0Jng9NTE-&affiliate_type=vc&affiliate_id=http%3A%2F%2Fck.jp.ap.valuecommerce.com%2Fservlet%2Freferral%3Fsid%3D3381999%26pid%3D885163136%26vc_url%3D&store_id=boox&isbn=9784334950392" in /home/hijk/e-contents1.com/public_html/wp-content/php/kw1.php on line 29

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/hijk/e-contents1.com/public_html/wp-content/php/kw1.php on line 32

第1位 『超解釈 サルトルの教え』

超解釈 サルトルの教え

著者 堤久美子
出版社 光文社
出版日 2018年07月20日

《商品紹介》著者は20世紀の大哲学者・サルトルに惹かれ、長年、個人的に研究を重ねてきました。サルトルの哲学は、実践的で効果が出やすいのが特徴です。私のもとに学びに来た方々からは、「人生が変わった」「やっと自分らしい生き方を見つけた」「会社での成績が上がった」「売上が上がった」「甲子園に出場できた」などの喜びの声が続々と届いています。本書では、「大人に生き方を伝授するパーソナルな塾の女性塾長サルトル先生と、そこに通う塾生たちとの問答」というスタイルで、サルトルの教えをベースにした、人生のよりよい生き方、考え方をわかりやすくお伝えしていきます。

第2位 『90分でわかるサルトル』

90分でわかるサルトル

著者 ポール・ストラザーン/浅見昇吾
出版社 WAVE出版
出版日 2014年10月

《商品紹介》第二次大戦後、廃墟と化したヨーロッパ。人々の心に空いた精神的な空洞を埋めたのは実存主義だった。実存主義という哲学の代弁者、サルトルの作品は学生や知識人だけではなく、革命家や一般市民まで広く読まれ支持されることになる。サルトルの実存主義は行動の哲学であり、一人ひとりの人間を刺激し行為へと促すものであった。サルトルの手で実存主義は、権威と対抗し「自らの手で世界を変える」という行動に結びついたのである。

第3位 『余白の声』

余白の声

著者 鈴木道彦
出版社 閏月社
出版日 2018年03月20日

《商品紹介》日本とフランス、文学と社会、歴史と責任…六編の講演録が相互に照応し、ゆるやかに共振を始めるー「越境する知識人」が“人生の余白”に語る、後世へ向けたマージナル・ノート。

第4位 『革命か反抗か』

革命か反抗か

著者 佐藤朔
出版社 新潮社
出版日 1993年01月

《商品紹介》歴史を絶対視するマルクス主義を批判し、暴力革命を否定し、人間性を侵すすべてのものに“ノン”と言い続けることを説いたカミュ。彼の長編評論『反抗的人間』の発表をきっかけにして起きたサルトルとの激しい論争を全文収録。カミュ、サルトル二人の思想の相違点を知るとともに、現代における人間の尊厳、自由について考えさせる必読の書。ほかにF・ジャンソンの二論文を収める。

第5位 『敗走と捕虜のサルトル』

敗走と捕虜のサルトル

著者 ジャン=ポール・サルトル/石崎 晴己
出版社 藤原書店
出版日 2018年01月25日

第6位 『【POD】サルトル・ボーヴォワール論』

【POD】サルトル・ボーヴォワール論

著者 中田平
出版社 デジタルエステイト
出版日 2017年07月01日

第7位 『サルトル伝 (上)』

サルトル伝 (上)

著者 アニー・コーエン=ソラル/石崎晴己
出版社 藤原書店
出版日 2015年04月23日

《商品紹介》20世紀最高の哲学者の全体像。サルトルは、いかにして“サルトル”を生きたか。「世界をこそ所有したい」-社会、思想、歴史のすべてその巨大な渦に巻き込み、自ら企てた“サルトル”を生ききった巨星、サルトル。“全体”であろうとしたその生きざまを、作品に深く喰い込んで描く畢生の大著が、満を持して完訳!

第8位 『サルトル伝 (下)』

サルトル伝 (下)

著者 アニー・コーエン=ソラル/石崎晴己
出版社 藤原書店
出版日 2015年04月23日

《商品紹介》“全体的知識人”とは何か。1945年〜、各国訪問、来日、ノーベル賞辞退、…死。「世界をこそ所有したい」-社会、思想、歴史のすべてをその巨大な渦に巻き込み、自ら企てた“サルトル”を生ききった巨星、サルトル。“全体”であろうとしたその生きざまを、作品に深く喰い込んで描く畢生の大著が、満を持して完訳!

第9位 『ピアノを弾く哲学者』

ピアノを弾く哲学者

著者 フランソワ・ヌーデルマン/橘明美
出版社 太田出版
出版日 2014年12月

《商品紹介》いっこうに上達しないショパンを弾くサルトル。驚くほど美しく繊細な手で弾くニーチェ。ピアノを弾いていると「何かが勃起する」バルト。ピアノ演奏をこよなく愛した三人の思想家の知られざる側面を浮き彫りにする、哲学と音楽が豊かに共演したエッセイ。

第10位 『サルトル、世界をつかむ言葉』

サルトル、世界をつかむ言葉

著者 渡部佳延
出版社 トランスビュー
出版日 2013年08月10日

《商品紹介》対人恐怖でナマモノ嫌いの「知の帝王」、でも、制御不能の科学技術や、戦争に向かうナショナリズムを前に、なすすべもなく立ちすくむとき、世界を知り尽くし、変えようとしたサルトルの言葉が、鮮やかによみがえる。

第11位 『サルトル、存在と自由の思想家』

サルトル、存在と自由の思想家

著者 渡部佳延
出版社 トランスビュー
出版日 2013年08月10日

《商品紹介》小説、批評、劇作、評伝から哲学作品、さらには身を賭した政治活動まで、20世紀後半の知的世界に君臨し、国際政治にまで影響を与えた巨人の苦闘の跡をたどり、その全貌を描く。

第12位 『サルトルの誕生』

サルトルの誕生

著者 清真人
出版社 藤原書店
出版日 2012年12月

第13位 『終わりなきデリダ』

終わりなきデリダ

著者 齋藤 元紀/澤田 直
出版社 法政大学出版局
出版日 2016年11月25日

《商品紹介》動物、現前性、暴力、他者、実存主義、文学、弁証法、ユダヤ性、贈与…現代哲学をつらぬく主題群をめぐり強靱な思考を展開した四者の思想的布置を気鋭の研究者たちが論じる。デリダの講演「出来事を語ることのある種の不可能な可能性」を収録。

第14位 『グロテスクな民主主義/文学の力』

グロテスクな民主主義/文学の力

著者 西永良成
出版社 ぷねうま舎
出版日 2013年08月21日

《商品紹介》あらゆる規範を失った政治が醜態をさらし、文学の終焉が語られて久しい。文学はこんにち、生へのアクチュアルな発信を断念し、政治的現実への無惨な絶望を前に、ついに自閉してしまうのか。大作『レ・ミゼラブル』を皇帝権力に抗っての亡命下に書き継いだユゴー、身をもって政治参加を生きたサルトル、グローバル化という民主主義の負の未来を見事に予言したトクヴィル…時代の権力とそれぞれの仕方で向き合った思想家たちの闘いに耳を澄ます。ここには断念することを知らない精神と、私たちの同時代への驚くべき予言と、言葉と権力との秘密めいた関係をめぐる明晰な意識とがある。著者の半世紀を賭けた文学的試行を集成する「文学と政治」論集。

第15位 『サルトルとマルクス(2)』

サルトルとマルクス(2)

著者 北見秀司
出版社 春風社
出版日 2011年03月

《商品紹介》現代を蝕むあらゆる問題に、解決の糸口はあるのか。ATTAC、フランス緑の党などの動向を踏まえつつ難問にいどむ。未公刊「ローマ草稿」をふくむサルトルの全哲学を縦横に展開し、真の民主主義の可能性、来たるべき倫理をさぐる。

第16位 『サルトルとマルクス(1)』

サルトルとマルクス(1)

著者 北見秀司
出版社 春風社
出版日 2010年03月

《商品紹介》フーコー、ドゥルーズ、デリダ、ネグリの後に、だれも知らないサルトルが姿を現す。「後期」マルクスの疎外論が、サルトルとの邂逅により新たな命を吹き込まれる。真の民主主義と自由の実現をもくろむ思想の挑戦。

第17位 『サルトル読本』

サルトル読本

著者 澤田 直
出版社 法政大学出版局
出版日 2015年03月18日

《商品紹介》実存主義の哲学者、小説や戯曲の作家、行動する知識人として様々な活動を行ったサルトル。ボーヴォワール、メルロ=ポンティ、ドゥルーズ、レヴィナス、ハイデガー、バタイユ、ラカン、フェミニズム、ポストコロニアル、エコロジーなど多種多様な影響関係、再評価される文学論、芸術論、そして晩年の『倫理学ノート』など最新の研究も紹介し、いまなおアクチュアルに読み継がれるその全体像を明らかにする。

第18位 『中国が読んだ現代思想』

中国が読んだ現代思想

著者 王前
出版社 講談社
出版日 2011年06月

《商品紹介》文化大革命の暗黒が晴れたそのときから、中国の猛烈な現代思想受容がはじまった!日本のたどった道とよく似ているけれど、より切実で熱い思考にあふれたその現場と可能性を、自らも体感してきた中国人研究者が克明に描き出す。知られざる、そして知っておきたい中国がここにある。

第19位 『サルトル』

サルトル

著者 アニー・コーエン・ソラル/石崎晴己
出版社 白水社
出版日 2006年06月

《商品紹介》サルトルとは、誰であり、また何だったのか。本書は、多様なジャンルに数多くの著作・作品を残し、変貌することが本質的でもあった二十世紀最大の知識人の軌跡を辿ってゆく。綿密な調査をもとに、新証言を紹介し、あらたな人物像を浮き彫りにする。サルトル研究の第一人者による評伝の決定版。

第20位 『サルトル』

サルトル

出版社 藤原書店
出版日 2005年10月

第21位 『サルトル』

サルトル

著者 松浪信三郎
出版社 勁草書房
出版日 1994年06月

《商品紹介》現象学的方法にのっとって存在の問題を問い続けたサルトル。大著『存在と無』のエッセンスをとり出し、平易な言葉で解説する。

第22位 『サルトルの世紀』

サルトルの世紀

著者 ベルナール・アンリ・レヴィ/石崎晴己
出版社 藤原書店
出版日 2005年06月

《商品紹介》巨星サルトルを軸に20世紀の思想地図を塗り替えた世界的話題作、遂に完訳。「サルトル・リバイバル」に火を付けた問題の書。

第23位 『サルトルの倫理思想』

サルトルの倫理思想

著者 水野浩二
出版社 法政大学出版局
出版日 2004年09月

《商品紹介》意識と身体を有する「本来的人間」にとって、他者との不一致という「原初的疎外」を超えるのは互いの目標追求の自由を認める「相互承認」のみである。この1940年代の「相互承認」の倫理学から、60年代以降の「ローマ講演」に始まり、『弁証法的理性批判』での「欲求」概念の深化とともに提起される「全体的人間」の「革命の倫理学」へ、サルトル倫理思想の形成と転換の過程を探る。

第24位 『三島由紀夫におけるニーチェ』

三島由紀夫におけるニーチェ

著者 清真人
出版社 思潮社
出版日 2010年02月

《商品紹介》なぜニーチェは13歳で「魔の時」を迎えたのか。それは三島由紀夫がニーチェに問いかけた問題でもあった。ニーチェを読む三島を実存的精神分析によって抉り出し、自刃へ帰結する思想的軌跡を鮮やかに浮かび上がらせるー果敢なる文芸批評への挑戦。

第25位 『いま、サルトル』

いま、サルトル

出版社 思潮社
出版日 1991年07月01日

《商品紹介》サルトルとはなにか。「嘔吐」のロカンタンの絶望は、あなたの絶望であった。「存在と無」の存在論は、私たちの存在と虚無を賭けていた。あのサルトルのモチーフは、いま見失われてしまったのか。没後10年。20世紀最大の作家、思想家の問いかけたものはなんだったか、サルトルにこだわる筆者たちが戦後思想、戦後文学を総検討する。

第26位 『サルトルとその時代』

サルトルとその時代

著者 白井浩司
出版社 アートデイズ
出版日 2012年09月

《商品紹介》知識人が政治に参加した戦後の世界。サルトルの言葉は熱狂をもって迎えられ、若者たちの生き方さえも変えた。サルトル研究の第一人者が、その生涯をたどり、彼が人々に伝えようとしたことの全貌と彼が生きた時代とを跡付ける。

第27位 『〈呼びかけ〉の経験』

〈呼びかけ〉の経験

著者 沢田直
出版社 人文書院
出版日 2002年05月

《商品紹介》膨大な遺稿を丹念に読みとき、サルトル思想の核心、不在のモラル論を再構築する。アンガジュマンから、自由、応答責任、贈与、共同体、ジェネロジテまで、サルトルからの呼びかけに、いま、大胆に応答する。

第28位 『世紀の恋人』

世紀の恋人

著者 クローディーヌ・セール/門田真知子
出版社 藤原書店
出版日 2005年06月

《商品紹介》「私たちのあいだの愛は必然的なもの。でも偶然の愛を知ってもいい。」20世紀と伴走した二人の誕生、出会い、共闘、そして死に至る生涯の真実を、ボーヴォワール晩年の側近が、遺族の証言を踏まえて描いた話題作。

第29位 『知識人と社会』

知識人と社会

著者 三宅芳夫
出版社 岩波書店
出版日 2000年05月

第30位 『知識人の時代』

知識人の時代

著者 ミシェル・ヴィノック/塚原史
出版社 紀伊國屋書店
出版日 2007年02月

《商品紹介》本書は、19世紀末のドレフュス事件のゾラと国粋主義者バレス、両大戦間の進歩的知識人ジッド、戦後アンガージュマンの英雄サルトルを経て1990年代のブルデューあたりまで、フランス知識人の実像を、彼らの出会いと対決と訣別に迫りながら、時代の激流とともに生き生きと描き出した大河ロマンである。メディシス賞(評論部門)受賞。